ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの知らない『本当は恐いグリム童話』 赤ずきん・ヘンゼルとグレーテル……恐ろしい結末の影に“ヴェッセン”(魔物)あり?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


シンデレラは継母と姉に「ガラスの靴が入らないのなら足を一部切ってしまいなさい」と囁いた。白雪姫をだました王妃は焼けた鉄の靴を履かされ死ぬまで踊り続けた……。私たちが子供の頃読んだ結末とはだいぶ異なる、グリム童話のお話たち。『本当は恐ろしいグリム童話』は2000年代前半に出版され、一大ブームに。いまだにブログや『NAVER まとめ』にもその恐ろしいエピソードが紹介され、人気を集めている。

ウソか本当か分からないけど、どんな話か気になってしまう。こうしたお話や都市伝説に惹かれるのはもはや人間の性と言っても良いだろう。

しかし、まだあなたが知らない本当のグリム童話が存在したとしたら? 『赤ずきん』に出てくる悪い狼の正体が魔物だったとしたら? あの話の裏で魔物が暗躍していたとしたら……? 全米で大ヒット中の人気ドラマ『GRIMM/グリム』には、恐いもの見たさの好奇心をくすぐるエピソードの数々が登場する。

『GRIMM/グリム』はグリム童話と現代社会に起こる様々な事件がリンクした、新感覚のダーク・サスペンス。主人公の刑事・ニックは人間にまぎれて存在している魔物“ヴェッセン”を狩るグリム一族の末裔。事件の影に潜む“ヴェッセン”と対峙していく。そのヴェッセンたちの設定が、もしかして本当に存在するかも? と思える魅力的なものばかり。その中からピックアップしてご紹介。


■ブルットバッド(狼型のヴェッセン)

赤ずきんが狼に食べられたところで終わっているベロー版と、赤ずきんとおばあさんが猟師の助けを借りて救出されるグリム兄弟版が存在する『赤ずきん』。ドラマ本編では赤いパーカーのフードを被った少女が次々とこのブルットバッドにさらわれ殺害されてしまう。赤い色と少女に魅了された男による凶行は、現実世界でも起こりそうな恐ろしさがある。


■ガイアー(ハゲタカ型ヴェッセン)

1812年にグリム兄弟によって出版された『ヘンゼルとグレーテル』。元々は実の親が子を捨てる話であったが、批判を避けるために後半は母を継母にするなど改編されている。子供達を捕らえ、太って食べ頃になるまで待つ魔女……。というジワジワくる恐怖が描かれている本作。ドラマでは少年少女の内臓売買を企むハゲタカ型ヴェッセン・ガイアーがストリートで生活する兄妹に近づく。


■ヘクセンビースト(魔女型ヴェッセン)

銀髪と醜い腐敗しかけた顔を持つ魔女型のヴェッセンは、惚れ薬を混ぜたクッキーを食べさせたり、記憶に作用する薬を動物を介してターゲットの体内に送り込むなど頭脳を駆使する。このヴェッセンが登場する話は『キャベツろば』という、あまり聞き慣れないグリム童話がベースになっているが、自分を騙した娘とその母をろばにし「許して」と懇願する娘だけを人間に戻し、幸せに暮らすという衝撃のストーリーは、ヘタなホラーよりもホラー。


その他にも、ヴィルダーマン(ビッグフット型ヴェッセン)やスピナトッド(クモ型ヴェッセン)など、恐ろしくもつい観てしまうヴェッセンが毎ストーリーに登場。童話をベースにしたミステリー要素たっぷりの事件、その事件の謎を紐解いていく爽快感、そしてヴェッセンとの激しいアクション。私たちが好きな海外ドラマの要素が全部詰まった、最高のエンターテイメントなのだ!

これまでも、映画『ダークナイト』ではジョーカーがカリスマ的人気を誇っていたり、『スパイダーマン』シリーズではグリーン・ゴブリン役がスターへの登竜門になっていたりと、人間はヴィラン(悪役)に惹かれるもの。今夏は『眠れる森の美女』に隠された恐ろしくも美しい謎を描く映画『マレフィセント』が公開され、ヴィラン人気が高まることが予想されますが、ヴィランじゃもう物足りない! もっと恐ろしくて謎に満ちたものが見たい! という方は、“ヴェッセン”に注目してみてはいがか?

グリム一族と魔物たちとの歴史が明らかになる『GRIMM/グリム シーズン2』は、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて、7月1日(火)22:00より独占日本初放送スタート。さらに、「まだ本作を観たことがない!」という方々には、『GRIMM/グリム シーズン1』のアンコール放送も、同局にて7月19日(木)12:00よりスタートするので、こちらもお勧め!

海外ドラマ『GRIMM/グリム』
http://www.superdramatv.com/line/grimm/

参照リンク:意外と知られていないグリム童話の真実まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133428075554764401 [リンク]

(C) 2012/13 Open 4 Business Productions LLC All rights reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP