体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レティシア書房が選ぶ一冊:物語のなかを旅したい人に 梨木香歩の最高傑作『海うそ』

京都『レティシア書房』店主・小西徹さん

「レティシアという名前を聴いてピンとくる人はだいたい40〜50代の人ですね」。

「レティシア」は、1967年公開のフランス映画『冒険者たち』の美しいヒロインの名前です。レティシアは、若くハンサムなパイロット(アラン・ドロン)と、元・カーレーサーでエンジニアのおじさま(リノ・ヴァンチュラ)のふたりの男に愛される前衛的な芸術家。美貌の人気女優・ジョアンナ・シムカスが演じ、映画ファンを魅了しました。

『レティシア書房』の店主・小西徹さんもまた、青年時代に彼女に魅了されたひとり。今は亡き愛猫、そして2012年に始めた古本屋さんにも「レティシア」の名をつけています。

「名は体を表す」と言いますが、お店の名前にも店主やお店そのものが映し出されます。店主が若き日に心惹かれた映画のヒロインの名前を選んだ古本屋さん『レティシア書房』はいったいどんなお店なのでしょうか。

「店をやめた後に読みたい本」だけを本棚に並べる

京都『レティシア書房』店内のようす

小西さんは、かつて京都の音楽好きの若者が通った『YURINA Records 詩小路店』、コアでポップな品揃えでファンを集めた『YURINA書店 北山店』の店長などを歴任。数十年間にわたって新刊書店の世界に身を置きながら、個性ある店づくりにチャレンジしつづけてきた人です。

新刊書店とは、いわばウェブの世界におけるポータルサイトのようなもの。雑誌やコミック、ビジネス書など、あらかじめ必須とされているカテゴリを網羅することが求められます。そのため、店長さんとしてはコーナーごとの特色を出せても、店全体としての個性を出しづらいというジレンマに陥りがちです。小西さんは、「自分のやりたいお店と会社としてのお店のはざまで悩まざるを得なかった」と当時を振り返ります。

最近新しくできた古本屋さんは、それぞれに個性を持とうとしてはるやん? 店主も、お店のたたずまいも、本も、お店全部が財産になるような感じでやったはる。やっぱり残って行くのは、伝えたいことがわかるお店だと思います」。

小西さんの『レティシア書房』もまた「伝えたいことがわかる」お店。本棚をひととおり見渡すと、「どんな本が読みたいときにこのお店に来るといいのか」がはっきり見えてくるのです。

「うちのお店で売れている小説家ベスト3は、梨木香歩、須賀敦子、池澤夏樹。小説家以外を含めたら、写真家の星野道夫、ミュージシャンの忌野清志郎でベスト5かな」。

小西さんの選書の基準は「いつか自分がお店を辞めたとき、この部屋でゆっくりと読みたい本かどうか」。「自分が興味のある本、読みたい本じゃないと人に勧めることができないから」という小西さんの考え方は非常に明快なのです。

自分の好きな世界があるお店やと思ってくれるお客さんが、居心地よく安心して来てくれはったらええかなと思ってるから」。

古いけど新しい“古本屋業界のニューウェーブ”とは?

京都『レティシア書房』外観

小西さんは、“昔ながらの古本屋さん”の店主に言われたことがあるそうです。「あんたらは古本屋のニューウェーブや」と。

“昔ながらの古本屋さん”は、古書籍商業協同組合(古書組合)に所属して組合内の市で仕入れを行ったり、古本まつり(即売会)を開催・運営するものでした。しかし、若く新しい古本屋さんの多くは古書組合には属さず、仕入れはお客さんからの買い取りが中心。カフェやギャラリー、雑貨販売スペースを併設するスタイルが定番化しつつあります。書店業界での経験が長い小西さんは、本屋業界全体の動きを冷静に見つめています。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy