ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【新刊レビュー】乾くるみ著作『セブン』 トリッキーな世界観と頭脳戦に圧倒される短編集

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9784758412384

新刊レビュー『セブン』

書誌情報

どんな本?
私立曙女子高等学院の生徒会室に集まった七人の生徒たち。生き残りをかけて互いを出し抜く頭脳戦がいま、始まる……!? 一見シンプルなトランプの数当てゲームが、裏の裏を読む心理バトルへと変貌する「ラッキーセブン」ほか、ロジカルな企みに満ちた七つの物語。トリッキーな作品世界に、二度ならず三度四度と繰り返して読んでしまうこと必至の短篇集。

【目次】
ラッキーセブン
小諸―新鶴343キロの殺意
TLP49
一男去って……
殺人テレパス七対子
木曜の女
ユニーク・ゲーム

読みどころ

トリッキーな世界観に溢れた7つの7が関わる物語。
一つ真相がわかる度に、戻って読み返したくなるミステリー小説。

レビュー

オススメ度:★★★★☆
読了時間:約4時間

個人的には、心理部分を深く掘り下げて、もっと緊迫感を出しているほうが好みだが、読み途中で何度も戻って読むのはもちろん、真相を知った上で、繰り返し読んでも面白く、読み込みがいのあるミステリー作品だった。

女子高生たちのふとした日常が突然息もつかせぬデスゲームに。
はじめの設定には面食らったが、『ラッキーセブン』はいちばんインパクトがあり、面白い作品だった。
スピーディな展開で頭脳戦×心理戦が繰り広げられる。話についていくのに苦労して、何度も読み返した。

『小諸―新鶴343キロの殺意』はこじつけっぷりが面白い。よくもまあこんなにこじつけたもんだと感心する。
主要登場人物三人の価値観だとか考え方が少々ズレているのが、「なんだそりゃ」感をより強くし、小気味良く感じる不思議な作品。

『TLP49』は出だしには混乱したが、事情がわかってくると先の読みやすい内容だった。主人公の気持ちと同化しやすく、なんとなくだった不安感が徐々に形を表し、加速していくスリルが楽しい。
ストーリーの流れをバラバラにする表現方法がうまく使われていると思う。

『一男去って……』と『殺人テレパス七対子』はこの短篇集の中では割りとゆるやかなテンポで進められ、頭休めにちょうどいい内容になっている。
特に『一男去って……』はかなり短い作品だが、カラリとした毒が楽しい。

エロティックな内容の『木曜の女』は、女性なら誰でも持っていそうな7つの側面を切り出して強調しているように感じた。女性としてとても興味深い。男性もこのような生活に憧れたことがあるのではないだろうか。

本作の書きおろし作品である『ユニーク・ゲーム』は、最後を締めくくる物語として持ってくるのは、正直やめてほしかった。
『ラッキーセブン』と同様、一見シンプルなゲームが相手の心を読み合うスリリングな心理ゲームとなり、かなり読ませる内容である。
だが、秀逸な作品だからこそ釈然としない思いが強く残るのだ。この一冊をこの気持ちで終えるのはもったいない気がするのである。

詳細情報

書籍名:セブン
著者:乾くるみ
価格:1500円(税別)
出版社:角川春樹事務所

※表紙画像、書誌情報は角川春樹事務所公式ホームページより
http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=4784

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。