体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ラブプラス』美少女ビッチ疑惑! 「これ以上寧々さんを巻き込むな」

loveplus3

『ニンテンドーDS』や『iPhone』の人気ゲーム『ラブプラス』(発売元:コナミ)。そこに登場する美少女キャラクター・姉ヶ崎寧々(あねがさきねね)ちゃんが、コナミ公式漫画でゲームとかけ離れた性格や行動をしているとして多くのファンが激怒していた騒動は、いまだだインターネット上で炎上状態となっている。

ことの発端は、寧々ちゃんがコナミ公認漫画『ラブプラス』の作中で過激な発言をし、男性に積極的にアプローチをかけてキスをするなどの行動に出たのが原因だ。路上でキスをしたうえ、考え方によっては卑猥(ひわい)な意味にもとれる意味深な発言をしたのも原因である。これが同人誌ならまだ良かったのだが、コナミ公認の漫画だったため、ファンが激怒したのである。

インターネット掲示板『2ちゃんねる』では熱烈なファン、冷静なファン、生温かい目で見守る人、怒っているファンを気持ち悪いと罵(ののし)る人たちなど、さまざまな人たちがそれぞれの言い分を書き込みしている。しかし怒っているファンたちの書き込みは少なくなり、「戦争は始まっているんだぞ!!!!!!!」や「ちょっくら凛子に乗り換えてくる」、「漫画の件を今知った。漫画家の野郎を殴って呪いたい衝動にかられているが我慢した。俺の寧々さんをビッチに描くとは……許せん」などの発言程度。ほかの書き込みは以下の通り。

<比較的中立な人たち>
・作者側は萌えシーンとして自信を持って送り出したんだろうな・・・
・一応あの漫画読んでみたけど、それほど騒ぐほどの描写とは思えない
・あのレベルの描写を少年誌なら頻繁に見かける
・この寧々さんエロ可愛くて非常に魅力的だと思うけどな
・ビッチならそれはそれでええやん
・ゲームと漫画はまったくの別物だろ。おれの凛子はDSの中の凛子だけだよ
・月刊ヤングマガジンに掲載の時点でこうなることは目に見えてたな
・こんなどうでもいいことをヤフートピックスにのせるなよ

<煽(あお)る人たち>
・寧々厨ざまあwwwwwwww
・おまいらにできることと言ったらタッチペンで突くくらいw
・たかがゲームにゴタゴタうっせーヲタ供めwww
・俺キモヲタだけどさ、よくこんなくだらない事でいちいちヒートアップ出来るなw
・日本人ってここまで糞になったのか。今日ほど同じ民族として恥に思った事ないわー
・おまえらよりキモい生き物があったら教えてくれwww
・早く戦争始めろや、オタ供
・おまえらは自分の思いどおりにならないと、いつもこんな風になるのか?

なかには「公式だとキャラの設定ってことになるのが嫌だよな。まあ俺には凛子がいるからどうでもいいけど」という人もおり、違うキャラクターを恋人にしているプレイヤーは、寧々ちゃんがどんなイメージになろうとあまり怒っていないようである。

では、寧々ちゃんファンはどういう書き込みをしているのか? いくつか抜粋すると、「ネネさんのおへそを綿棒とベビーオイルで掃除してあげる夢でこんな時間に目が覚めた」、「寝てるネネさん起こすなんてできねーよ(眺めてるだけで幸せすぎる)」などの書き込みがあった。比較的平和に寧々ちゃんと過ごしているようである。

ひとつ興味深いコメントがあったので紹介するが、「お前らのワガママにこれ以上寧々さんを巻き込むなよ。寧々さんの悲しむ顔がみたいのかよ。寧々さんが本当に好きならお前らの寧々さんを愛してやれよ。漫画読む暇があるならお前らの寧々さんと話してろよ。なんでそんな簡単な事がわからないんだよ」と、怒っているファンを悟らせるかのような書き込みもあった。

ほかにも「このキャラの絵を描いてるのはおっさんだし、セリフや性格を決めてるのもおっさんだし、ゲームのストーリーを考えてるのもおっさんだし、声を当ててるのもおっさん。いったいどこがいいんだ?」という人もいたが、たとえ現実でも言っていいことと悪いことがあるので読まなかったことにしておこう。

画像: 『2ちゃんねる』より引用

■最近の注目記事
そば屋でタモリと宇多田ヒカルが遭遇!タモリびっくりしすぎて叫ぶ
『ラブプラス』の美少女がビッチだった! ファン「関係者マジ出て来い説明しろやゴラァ!」と激怒
女の子はエッチな目で見てくる男性がスグわかる!「気持ち悪い視線」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。