体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ピンク・フロイド」のワインが限定発売!テーマは”強烈な闇の苦悩”?

pink

伝説のプログレッシブ・ロックバンド『ピンク・フロイド』の名を冠したワイン『2011 ピンク・フロイド ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン カベルネ・ソーヴィニヨン メンドシーノ・カウンティ』がワイン通販ショップ『iwine.jp』で限定発売されている。

このワイン、安酒をラベルだけ貼りかえて他人の人気にあやかったような企画モノとはワケが違う。アメリカ・カリフォルニアのメンドシーノ郡で最も古いワイナリー『メンドシーノ・ワイン・カンパニー』によって手がけられた有機ワインで、しかもセラーでは1973年に発表されたピンク・フロイドの最高傑作アルバム『The Dark Side of the Moon(狂気)』が大音量で流され、プログレッシブ・ロックの周波数をしみこませながら20カ月の熟成を重ねているのだ。

wine

醸造に関わったマーク・ビーマンは古典的なワインのブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、試行錯誤して『The Dark Side of the Moon』の強烈な闇の苦悩を表現したということ……って、どんな味なんだ!?

ガジェット通信では以前にも『iwine.jp』から発売された『ローリング・ストーンズ』の50周年記念ワインをとりあげたことがあるが、反響が大きく記事の公開早々に商品は売り切れてしまった。(『ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ワインが日本入荷!限定360本』http://getnews.jp/archives/527501)

プログレッシブ・ロックファンの方、ワインファンの方!迷ってる暇はなさそうです!

 

※画像は『iwine.jp』、『MTV artists』から引用しました。

https://www.iwine.jp/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会