ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新宿にリゾート出現? キューバ リブレで“UNTAMEABLE(飼いならされない)”な大人になれ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


コウモリマークでおなじみの世界No.1ラムブランド『バカルディ』。これからの季節にピッタリのラムの美味しい飲み方と言えば“モヒート”が定番ですが、この夏は“キューバ リブレ”にチャレンジしてみてはいかが? 6月8日までの期間限定で、新宿にキューバリブレが楽しめる期間限定イベント『BACARDI UNTAMEABLE STREET』が開催中。3日には発売記念イベントが開催され、内田裕也さんと書道家の紫舟さんが登壇しました。

“キューバリブレ”とは、キューバがスペインから独立する際に誕生したカクテル。キューバの独立を支援していたアメリカ軍が、偶然ラムとコーラを混ぜて飲んでみたら、とても美味しくて「Viva Cuba Libre!(自由なるキューバ万歳!)」と叫んだことが由来となっています。香り高いラムにシュワっと爽やかなコーラが合わないわけない! バカルディの『キューバ リブレ』はビン入りカクテルなので冷やしておけば手軽に飲めるのがさらに◎。


バカルディ社が新しく掲げるテーマが「BACARDI UNTAMEABLE」。“UNTAMEABLE” (飼いならされない、屈しない)な人物という事で、内田裕也さんがイメージキャラクターに。「新宿来ると、昔ジュリーや萩原健一とビラ配りしてた時のことを思い出すよ」といちいち発言のスケールがデカい裕也さん。さすがっス。


そして、この日は特別に裕也さんがバンドを従え、『コミック雑誌なんかいらない』を熱唱。その後ろでは書道家の紫舟さんが書道ライブパフォーマンス。ロケンロー! シェケナベイベ! 紫舟さんも「和紙を通じて裕也さんの波動が伝わって来ました」と大興奮。そんな裕也さんを見て、飼いならされない大人になりたいなぁと感銘を受けた筆者。早速『キューバ リブレ』を飲んでみることにします。


『BACARDI UNTAMEABLE STREET』は、JR新宿駅からほど近い“新宿モア4番街”をジャックしたもの。椅子やパラソルが用意され、ちょっとしたリゾート気分。


バーカウンターでは、『バカルディ キューバ リブレ ボトル』250円ほか、バカルディのカクテルを楽しむことができます。


この日はこちらの美女達からカクテルを受け取りました。余談ですが、筆者はこの美女達が被っている“略帽”が世界で一番好きな帽子です(ぜひ映画『アイアン・スカイ』をご覧ください)。


ラムにコーラ、ライムが添えられた『キューバ リブレ』。炭酸がのどに心地良く、甘く過ぎないのでゴクゴク何杯でも飲めそう。夏にピッタリな大人なカクテルです。


6月15までは、ストリート内のクレープ屋さんで、内田裕也さんが考案した激辛クレープが楽しめる『UNTAMEABLE SET』も登場。気になる中身はというと、「チキン+タバスコ+チリソース+ハバネロソース+青唐辛子+レタス+キュウリ」というまさに飼いならされない超ロックな一品。激辛注意ですが、キューバ リブレと一緒なら完食できるかも? ぜひ、この爽やかな新カクテルを味わってみてくださいね!

BACARDI「UNTAMEABLE」
http://www.bacardijapan.jp/brand/rtd/bacardi/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP