体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニーのレンズ交換式デジタル一眼『NEX-5』『NEX-3』を触ってきました

ソニーが6月に発売するレンズ交換式デジタル一眼『NEX-5』

ソニーが6月に発売するレンズ交換式デジタル一眼『NEX-5』と『NEX-3』。“α”シリーズの新モデルで、有効画素数約1420万画素の『Exmor APS HD CMOSセンサー』と高性能な交換レンズなどによる、一眼レフと同等の高画質写真とハイビジョン動画撮影がウリの新製品が、本日から東京・銀座のソニーショールームで先行展示を開始したので、早速触ってきました。

『NEX』シリーズの特徴のひとつは、光学ファインダー式一眼レフカメラに搭載されているミラー、焦点板、ペンタブリズム、位相差検出AF用センサを使わない、薄型でコンパクトなボディ。一眼レフで使われるAPS-Cサイズの大型センサと、新開発のレンズマウント『Eマウント』による交換レンズと組み合わせて、コンパクトながら一眼レフと同等の高画質性能と機能を実現しています。

『NEX-5』をテーブルに置いたところ

銀座のショールームでは、カフェのような展示スペースを用意して、実機を自由に触れるようになっています。少々順番待ちをして、筆者は『E 18-55mm F3.5-5.6 OSS』レンズを装着した『NEX-5』をゲット。35mm換算で27~82.5mmの焦点距離をカバーする光学約3倍のズームレンズですが、ボディがコンパクトなだけにレンズの迫力が目立ちます。ボディはやはり薄くて軽量。レンズの分、少し重くなりますが、コンパクトデジタルカメラと同様に扱えます。

ボタン2コとホイールのみのシンプルな操作パネル

操作パネルはソフトキー2コとボタン付きホイールのみのシンプルな構造。露出補正やフラッシュ設定などの操作は撮影しながらすばやく切り替えられるように、ホイールに割り当てられています。

ホイールと画面が連動する直感的なユーザーインタフェース

撮影モード選択などの画面では、画面にホイール上のインタフェースを配置して、直感的に操作できるよう工夫されています。

ズームレンズ『E 18-55mm F3.5-5.6 OSS』

レンズを望遠側に切り替えると、ほとんどレンズにボディがオマケでくっついてきたようなイメージ。秋には光学11倍ズームのレンズ『E 18-200mm F3.5-6.3 OSS』の発売が予定されていますが、そちらを装着したらますますレンズの存在感が圧倒的になりそうですね。

『E 18-55mm F3.5-5.6 OSS』の広角と望遠の比較

『E 18-55mm F3.5-5.6 OSS』レンズでは、広角から望遠まで対応し、風景撮影からスナップ、ポートレートまで幅広く利用できます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。