体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外で日本の早口言葉がブーム! YouTubeに多数投稿される

 隣の客はよく柿食う客だ

日本の早口言葉が海外の『YouTube』ユーザーの間でブームだという情報を仕入れたので紹介したい。動画共有サイト『YouTube』にて海外のユーザーが日本の早口言葉「隣の客はよく柿食う客だ」や「生麦生米生卵」と言うユーザーが多数見受けられる。どういった経緯で流行っているのかは不明だが、見ていて面白いので是非動画毎紹介したい。

早口言葉は英語で“tongue twister(タンツイスター)”と言う。それで『YouTube』で「Japanese tongue twister challenge」で検索すると多数の日本語早口言葉動画が出てくる。

お兄さんからお姉ちゃんまで海外の人が日本語の早口言葉にチャレンジしてる姿は新鮮だ。中には「分かった?分からない?分かったら分かったと分からなかったら分からなかったと言わなかったら分かったか分からなかったか 分からないじゃないか?分かった?」という長文早口言葉にチャレンジしている人までいる。これをスラスラと言えるとは恐れいった。さすがに日本人でも言える人は少ないだろう。

今度は日本人が英語やほかの国の早口言葉にチャレンジしてみよう!

隣の客はよく柿食う客だ(YouTube)
分かった?分からない?分かったら分かったと~(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=QRZL00cmx5M

■最近の注目記事
あの『オプーナ』のサウンドトラックが年内発売? 作曲者は『FF12』や『オウガバトル』を作曲していた人!
トイレ男? 「トイレットペーパーが無い!助けて」と『Twitter』で助けを求め無事生還
ニーアゲシュタルト&レプリカントのサントラがアマゾンで高評価! 中身は保証付きだった

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。