ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

代金が東日本大震災復興支援チャリティの募金になる超高級レストランのカレーを食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月1日、東京・有楽町付近の高級レストラン3店が協力し、それぞれ絶品カレーをお客さんに提供。1皿1000円で売り、その全てを東日本大震災復興支援チャリティの募金にするという太っ腹なイベントが開催された。

アピシウス(有楽町)、シェ・イノ(京橋)、銀座レカン(銀座)の3店舗だが、それぞれ独特な絶品カレーを提供しているので、すべての味を知るには3店舗に行かなくてはならない。

だが問題が一つある。

[全ての画像を見るにはこちら]

あまりにも行列が出来る為、3店舗全てをまわるには、1店舗目に早朝から並ばないと間に合わないのだ。

11時頃にオープンし、15時には終ってしまうのだが、そのほとんどの時間を行列に並ぶ事に費やす事になる。

アピシウスのカレーを食べてみたが、マイルドで優しい味のカレーが、チキン(タルタルソース添え)の美味しさを引き立てて美味しかった。テーブルに置かれていた液体の香辛料をかけると、味に深みが出て美味しい。

このチャリティは6月1日限り。毎年開催されているので、行きたい人は来年の同時期、事前に告知を調べておこう。

※この記事は、おもしろ動画&ニュース サイト「アホカリプス」が執筆しました。そのほかの記事はこちらから!
http://ahocalypsis.com/ [リンク]

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP