体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

じわっと気になる!?au『IS01』のアソコをチェック!

IS01写真

auから6月に発売予定のAndroid搭載スマートフォン『IS01』。フルタッチパネル式のスマートフォンを期待していた人にとっては“暴投”に見えてしまう“変化球”端末ですが、QWERTYキーボード・クラムシェル型というツボには思わずグッと来てしまう人もいるはず。

まだ発売まで間があることもあり実機に触れられる機会は多くありませんが、レビュー用の実機をお借りすることができたので、“みんなが気になりそうなこと”をチェックしてみました!
(すべての記事写真はこちらからごらんください)

・ジーンズお尻ポケットには入るの?

IS01・ジーンズ

スルリと入ります。もちろんジーンズの尻ポケットに入れたまま座ったり、など圧力がかかる使い方は『IS01』に限らずオススメはできませんが、本体がそれほど厚くないため思ったよりもすんなり入ります。邪魔に感じるほどの大きさではありませんでした。

・どうやって電話(通話)するの?

IS01・通話

公式には“Bluetoothヘッドセット”や“イヤホンマイク”、または音声がダダ漏れの“ハンズフリー”通話のみをサポートするとされています。

IS01・受話音量

しかし、“ハンズフリー”とはいえ、通話音量を最低に下げることでほとんど音漏れなく、前回のレビュー記事(ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー http://getnews.jp/archives/57688)のように電話機状に持って通話することが出来ました。

IS01・スピーカーとマイク

『IS01』のスピーカーはヒンジを開いた時の中心部左寄り、マイクは手前側中央にあります。この配置がどうしても気になる場合は、本体を開いたまま顔にあてるとちょうどスピーカーとマイクが耳元と口元にくるようです。

IS01・通話

どちらにしても若干不恰好なことと、閉じたまま通話する場合でも着信操作だけは一度本体を開いて行わければならないこと、など欠点も無くはありません。が、『IS01』本来の“スマートブック”としての使い方中心で通話はほとんどしない、その通話のために常時ヘッドセットなどを持ち歩くのは面倒だ、という場合でも通話は可能だなと感じました。

・片手で使える?

IS01・片手持ち

片手操作は限定的ですが可能。右手で本体を持つと、親指があたる位置にトラックボール(そのまま押し込むことで選択)、戻るボタン、MENUボタンがあります。なので移動・選択・戻るの組み合わせ+MENUボタンで可能な操作は片手持ちでも出来なくはありません。具体的にはウェブブラウザでリンクをたどりながらざっと流し読みする、『Twitter』でタイムライン(発言の一覧)をざっとスクロールさせながら読む、という程度の操作であれば片手で可能でした。ただし、重量バランスは決して片手持ち向きではないので両手持ち可能であれば両手で持ったほうがよさそうです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。