ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【メーカーに聞きました】ゲームのバグ発覚からその後 “ブログも閉鎖”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

先日、『Xbox 360用ゲーム! バグだらけでメーカーとプロデューサーが緊急謝罪』という記事を掲載した。そのゲームとは、『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』というシューティングゲームなのだが、この件を簡単に解説すると、ゲームを発売してはみたもののゲーム性が著しく損なわれる不具合が発覚し、多くの購入者が非難しているという騒動である。

ちょっとしたバグなら1000歩譲って許したいところだが、ゲームデータのロード時間が異様に長い、銃弾が突然消滅する、弾が途中で変形する、ボタンの反応が鈍い、ミュージックのテンポが違う、ゲームがフリーズするなど、ゲームとして、シューティングとして致命的な不具合ばかりということで、ユーザーが許せる範囲を超えるレベルのデキだという。

このことについて当編集部は、開発元の “株式会社5pd” に取材をし、コメントをいただくことができた。現在はどのような対策を考えているのだろうか?

取材に対応してくださったスタッフによると、「ただいまスタッフ総出で情報を集め、不具合の検証しているところです。まだ発売から間もないゲームですので、とにかく情報を集め、不具合を見つけ出して検証しているという段階ですね」とのこと。「ユーザー様からも多くのご意見や情報を頂いていおります。皆様はご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、対策が決まりしだいサイトのほうに掲載していくので、そちらをご確認いただければと思います」とのこと。

ここで気になるのは、インターネットをしないプレイヤーはどうやって修正パッチなどのデータを受け取るのだろうか? 対策方法がまだ決定していない今の段階では、どうユーザーに対して適切な対応をしていくのかわからない状態である。また、このゲームプロデューサーの “さかりまさき” 氏の公式ブログ『High Grade:QP』が閉鎖されてしまった。こういうときこそ、プロデューサーから非公式でもいいので、対策の進捗情報などをブログに掲載し、ユーザーを安心させてほしかったのだが……。

当編集部にも『怒首領蜂』シリーズのコアなユーザーがおり、今回の件について「デキの悪さは『怒首領蜂』が好きな人ほどすぐわかる」と語っている。メーカーとしてどのような対応をするか、そこでもメーカーとしての評価がなされる。できるだけ早い時期での対応をお願いしたいものだ(このニュースの元記事はこちら)。
 
イラスト: ピョコタン
 
 
こんなゲームに関するニュースもあります
【スクエニさんに聞きました】『ドラクエ9』にマジコン対策を導入しますか?
悪いタイ人による不正改造しやすいゲームハード批評
Xbox 360用ゲーム! バグだらけでメーカーとプロデューサーが緊急謝罪
【ソニーさんに聞きました】新型ゲーム機はプレイステーション4ではありません

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。