ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニバーサル ミュージックがASKA関連作品の出荷・配信停止を発表→駆け込み需要が発生中?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人気デュオ・CHAGE and ASKAのASKAが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された事件。

かつてCHAGE and ASKAと専属契約を結んでいて、現在も販売権や配信権を有する大手レコード会社・ユニバーサル ミュージックは、今回の逮捕を受けて「反社会的性質等、その影響の大きさに鑑みて、厳正な処置を持って臨む」とする姿勢を発表し、CHAGE and ASKAおよびASKAソロ名義の作品について、CD・映像作品全タイトルの出荷・配信停止などの決定を下した。今後、他社も同様の処置を取るところが出てくるかもしれない。

同社が出荷・配信停止を発表したのと前後して、ネットの音楽配信サイトでは、CHAGE and ASKAの楽曲ダウンロード件数が急上昇する現象が起きている。

『iTunes』のアルバムランキングでは、ベストアルバム『VERY BEST ROLL OVER 20TH』が、『アナと雪の女王』のサントラに次いで、2位に急浮上。ユニバーサル ミュージックも出資する『レコチョク』でも、『SAY YES』『YAH YAH YAH』『はじまりはいつも雨』などのシングルが圏外から一気にランクイン。ただし、こちらは既に配信が停止されてしまったようだ。また、『ヤフオク!』や『Amazon.co.jp』でも関連商品が強気の価格で出品され始めている。

逮捕されたとはいえ、ASKAの音楽的才能は誰もが認めるところ。過去の輝かしい作品が埋没することを惜しむファンの意識が、意外な駆け込み需要を生み出したのかもしれない。

画像:『iTunes』より引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP