ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドの『ジャパンバーガー』を食べてみた! FIFAワールドカップ公式ハンバーガー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マクドナルドが一部店舗で先行販売しているジャパンバーガーを食べてみた。FIFAワールドカップ公式ハンバーガーとの事。日本を表現したハンバーガーらしいのだが、その味は日本の味なのだろうか?

パンはふわふわしているようで、やや弾力のあるタイプ。メンチカツ(?)はサクサクしているが油っぽさが強く、超ジャンクな味わい。女性には不向きだと感じた。

しかしこってりとした料理が好きな男性にはぴったりで、量は多くないが最終的には充実感を得ていた。しかし単品で買うと399円だったので、やや割高感がある(店舗によって価格の違いがあるかも知れない)。

FIFAワールドカップ公式ハンバーガーの中でも、特にジャンクな日本らしくないハンバーガーだった(ジャンクという表現は褒め言葉として受け取ってほしい)。

一緒に飲むのであれば爽健美茶よりもコーラやコーラZEROがおすすめ。お茶ではこの油っぽさを解消できない。コーラの場合、こってり感が残る口内を、炭酸がすっきりとしてくれる。




※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP