ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マランツがDSD対応のUSB-DAC / ネットワーク・オーディオを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マランツはこのたび、USB-DAC / ネットワークオーディオプレーヤー「NA8005」を発表した。

この「NA8005」は、DLNA1.5準拠のハイレゾ対応のネットワーク・オーディオ・プレイヤーと、USB-DACの機能も用意し、どちらにしてもDSD、5.6MHzのネイティヴ再生が可能となっている。、さらにはハイレゾにこだわらなければ手軽なAir Playにも対応。またUSBメモリや、iPod/iPhoneなどのUSBデジタル接続も可能(再生しながらiPod/iPhoneを充電する事もできる)、そして同軸と光デジタル入力も装備しており、まさにデジタル・データ生成のプラットフォームとして活躍しそうだ。

マランツのネットワーク・オーディオ・プレイヤーのフラッグシップ・モデル、
『NA-11S1』などで、これまでマランツが培ってきた徹底したノイズ除去技術などが使われているが、『NA-11S1』の市場の実売価格30万円前後と比べると、「NA8005」は価格的には129,500円とだいぶ価格が下げられている模様だ。

対応ファイルは、、WMA、MP3、AAC、WAV、FLAC、Apple Lossless、AIFFとDSD(2.8MHz、5.6MHz)に対応。AIFF、WAV、FLACなどは24bit/192kHz、Apple Losslessは24bit/96kHzまで対応している。

またこのたびマランツは、自社のハイレゾ対応製品などを中心にハイファイ・オーディオ製品を取り上げた『The Future of Hi-Fi – Marantz High-Resolution Audio』を立ち上げた。「NA8005」の詳しい製品情報などはコチラへ。
(河村)

・The Future of Hi-Fi – Marantz High-Resolution Audio
http://www.marantz.jp/jp/hires/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP