体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100周年を迎える老舗企業『内田洋行』に行ってきた! ARの凄い技術を見せて貰ったよ

内田洋行本社

先日お伝えしたアニメフェア2010でフジテレビブースにAR(拡張現実)の技術協力をしていた『内田洋行(うちだようこう)』社。その日はAR技術や繊細ARなどのデモンストレーションを行っていたが、このたびガジェット通信が『内田洋行』さんにお邪魔することになった。1910年(明治43年)に創業された同社は今年で100周年を迎えることになる。

・『内田洋行』のARへの取り組み
『内田洋行』は様々な事業を展開しているが、今回紹介頂いたのはAR技術についてだ。その中でもオフィス事業、教育市場への取り組みを積極的に行っており、地図記号コンテンツやオフィス構築シミュレーションなどARの特性を活かした取り組みを行っている。この日、実際に等高線コンテンツを見せて貰ったのだが、今までは等高線だけでは山がどのようになっているのか分かりづらかったものが、ARを使うことによってCGの山を表示させ等高線を視覚的に理解出来るようにするといった物だ。

AR技術について 等高線を視覚的に

・高解像度AR
またこの日は特別に高解像度ARを見せて貰うことができた。今までのARはモデリングが簡素な物が多かったが、高解像度ARでは環境マッピング(映り込み)やきめ細かいテクスチャなど、細部にまでこだわって作られたものだった。椅子のモデリングにしても本物さながらのモデリングデータでズームして細部まで見ることができるという凄さ。

高解像度AR 映り込み 高解像度AR 人体の骨 高解像度AR チェアー

・車のデータも
アウディから提供されたデータを元に実車そのままのモデリングを再現したCGも見せて頂いた。これも自由自在に動かすことが可能で、車外だけでなく内装までそのまま再現されている。それだけではなく、エンジンまで実際に見ることが可能という。

アウディの車体CG エンジン 社内も再現
1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。