体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日頃「荒らしはスルー」と言ってる人たちが‏(メカAG)

政治・経済・社会
日頃「荒らしはスルー」と言ってる人たちが?(メカAG)

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

日頃「荒らしはスルー」と言ってる人たちが(メカAG)

美味しんぼ騒動で福島市の観光客がキャンセルになったらしい。1件は個人客だが、もう一件は団体客のようだ。後者は商売としては痛いね…。

それはさておき、今回騒ぎを大きくしたのは、美味しんぼを叩いてる側だと思うんだよね。美味しんぼの作者さえ驚いているように、反応が予想外。「風評被害を出すな!」と叫んだ人たちが風評被害を出してしまった。

あ、なにも叩いている側が悪いという話ではないので、誤解のないように。別にどっちも悪くないと思うね、俺は。すべて地震が原因で、それを「人間がせめて○○すれば少しは被害が減らせた」というのは、静かに冷静に将来の教訓とするならいいが、なんか誰が悪い、彼が悪いと八つ当たりするのでは、百害あって一利なし。

   *   *   *

さてネットでよく言われるのが「荒らしはスルー」「馬鹿は相手にしない」。でも大抵の場合、こう言ってる本人がスルーできていないし、馬鹿を無視できていない。本当にそれができてる人は、そもそもそんなことすら口にしない(苦笑)。

んで、そうできない理由。まず根本的に「政府は国民の声を尊重すべきだ」というのが問題。いきなりなにを言い出すんだというかもしれないけれど、実は根源的にはここに問題がある。

素人である国民の声に必要以上に翻弄されるべきではない。あくまで専門家の意見に従って政治を行うべきで、国民の声は参考程度に留めるべき。

   *   *   *

ところがそうは考えない「国民」が多い。まあ、自分たちの主張を軽視しろというのは、確かに難しいだろうね。つまりその時点で政治に口を出す権利がないといっても過言ではない。

どのように政治を行うのが正しいかを客観的に考え、その結果自分たち(国民)の声に翻弄されるべきではないという結論に到達したら、そう割り切ることも必要。それが冷静で客観的で合理的で論理的な判断というものだ。

でもそこまで割り切れる心に国の事を考えている国民は少ないし、マスコミも国民の人気取りのために、「政治は国民の声を尊重せよ」という。困ったものだ。特に原発問題のような専門性の高い領域を、国民が正しく判断できるわけないのに。

   *   *   *

「政府は国民の声を聞くべきでない」と割り切れれば、それで問題終わる。でもそう割り切れないばかりに次の問題が生じてしまう。国民の間に「正しい世論を形成しなければ」という義務感・危機感。

むろんこれも適度であればすばらしいことだ。民主主義はこれを前提としているのだから。世の中には理屈で結論を導き出せないことがたくさんある。戦争をすべきか否かなんて、いくら論理を積み上げても答えは出ないだろう。

専門的な判断や論理的な判断では答えが出ない部分は、世論で判断するしかない。ただこの比率が難しいということ。

   *   *   *

そしてもう一つ。国民は馬鹿が多いという、悪い意味での自覚。その自覚自体は正しいのだが、自分もその国民の一人であることをしばしば忘れてしまう。物事は複雑であり、簡単な知識や判断力では正しい結論に到達できないことは無数にある。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会