体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー

シャープのAndroid搭載スマートフォン『IS01』

シャープがau向けで6月上旬に発売を予定しているAndroid搭載スマートフォン『IS01』をお借りしました。au向けAndroid携帯が発売されると一部報道で報じられた当初は、Googleの『Nexus One』が発売されるのではとウワサになりましたが、実際に発売されたのは開閉式のボディにQWERTYキーボードを搭載した“スマートブック”と呼ばれるカテゴリーのスマートフォン。ユーザーが予想したものの“斜め上を行く”製品となったわけですが、実機はどのようなものなのでしょうか(すべての記事写真はこちらからご覧ください)


サイズをチェック

閉じた本体のサイズは『iPhone』の1.5倍ぐらい。厚さは2倍ぐらい

閉じた本体のサイズは『iPhone』の1.5倍ぐらい。厚さは2倍ぐらいになります。服のポケットに入れても違和感がなく、思ったよりコンパクトな印象です。

開くと大きなタッチパネル画面とキーボードが現れます

開くと大きなタッチパネル画面とキーボードが現れ、ネットブックのミニチュア版といったイメージに。解像度960×480ピクセルの画面は、ブラウザでPCサイトを開いてもほとんど横スクロールせずに閲覧できるサイズです。“スマートブック”というカテゴリーのネーミングがしっくり来ます。

では“スマートフォン”と“スマートブック”の違いって何でしょう?フルキーボードがつくことが条件という説もあります。ネット接続端末として大画面、フルキーボードを用意したものが“スマートブック”、もっと携帯電話寄りなものが“スマートフォン”というイメージがありますが、『IS01』は携帯電話として満足に通話できるのでしょうか?

ちゃんと通話できます

閉じても通話できます

答えはイエス。見かけによらずちゃんと通話できる、という印象を持ちました。実は『IS01』、閉じた状態で通話ができるのです。閉じると画面が露出しないので、街で閉じて通話していると「あの人なんでメガネケースと話してるのかしら」と思われかねないのが難点ですが……。

初心者は開いて通話がオススメ

開いた状態でも通話できるので、人目が気になる方はこちらをオススメします。スピーカー音量は大きめに設定しておきましょう。

マイクは、キーボード側の側面中央に配置されています

『IS01』のマイクは、キーボード側の側面中央に配置されています。閉じて通話する場合はマイクをふさがないように注意して、開いて通話する場合はマイクに向かってしゃべるようにすれば、相手側も聞き取りやすいことが分かりました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。