体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なんの役に立つんですか?」の暴力性

MoriyamaMoriko--森山森子

基礎研究などが実用化されるまでには長い道のりがあります。今は役に立たないからといって、そこから目を閉ざしてしまうのは、未来の可能性を狭めることになってしまうのではないでしょうか。今回は最果タヒさんのブログ『MoriyamaMoriko–森山森子』からご許可をいただき、転載させていただきました。

「なんの役に立つんですか?」の暴力性
テレビで魚に右利き左利きがあることを発見した教授が出ていて、その話がすごすぎた。餌(えさ)をとるのに右にばかり曲がる魚とか、魚にも利きというのがあるらしく、しかもそうした魚を干物にすると、右利きは右に曲がって干からび、左利きは左に曲がって干からびる、つまり骨格から利きが決まっているらしい。その比較を見せてもらったときは鳥肌がたったわけで、偉大すぎるだろ、とびびっていたのだけれど、アナウンサーさんは変な研究、と言いたげに苦笑していて、しまいには「なんの役に立つんですか?」という自然科学でもっとも野暮な質問をしてしまっていた。

うーん。「なんの役に立つんですか?」という言葉は、実はいろんなことに投げかけられている。「マンガなんて読んで、なんの役に立つの?」「宇宙なんて研究して、なんの役に立つの?」「絵画なんて観て、なんの役に立つの?」大衆にとってもっとも価値があるのは“利便性”だ。“利便性>娯楽性>芸術性”という順番こそが大衆性であり、情報番組はだから好まれるし、「人の役に立つ人間になりたいです」と子供に言わせる。それは文明というもの、科学というものの恩恵をうけてきた人間らしい言葉であるし、考え方だろうけれど、そもそもその文明や科学を、さも人間が意図して手に入れてきて、“役に立つ”ということを目指してきたと考えること自体が大きな間違いなのだ。

「人の役に立つぞ!」って研究者ががんばって研究したから科学技術が発達したと思うのは大間違い。文明というものは人間の純粋な好奇心による知的探求から結果的に生じたおまけ、なんだったら排泄物(はいせつぶつ)でしかない。真理を追究していたら、偶然にも文明がいっしょにぽろっと現れて、それの恩恵を人が受けている、それだけである。

ニュートンは別に、工学に役立てるために運動方程式や、万有引力を発見したわけではないし、コペルニクスも宇宙旅行のために地動説を発見したわけじゃない。だから「役に立つ」ということを目標にしても、将来の進歩に結びつくわけじゃないし、「これを知りたい!」という単純だけど強い強い好奇心によって自分勝手に動く研究者のほうがずっと粘り強く、結果的に(本人の意思とは関係ないところで)進歩に貢献するものだ。

科学には基礎科学と応用科学というものがあって、基礎科学は簡単に言えば物理だとか化学だとか、生物だとか、地学とか、根本的な真理を探究することが仕事だ。応用科学はそこで見つかった真理を応用し、実用化するのが仕事。医学とか薬学とか工学とか農学がここに当てはまる。テレビでも別の研究者さんが、役に立つかどうかなんて事は自分にはどうでもよくて、それはまた別の人が考えること、とおっしゃっていて、基礎科学の人間にとって、発見したことを実用化するかどうかなんてのは管轄外でしかない。しかも、その真理が発見した同じ時期に必要とされる技術になるかはわからない。

たとえば私が大好きな宇宙の大規模構造ってのは、宇宙のもっとも大規模な姿を論じた考え方だけれど、銀河系を飛び出すこともできない今の人類にはまったく関係がない話だし、まったく役に立たない。けれどもし人類が滅ばないで宇宙旅行を可能にし、しかも宇宙の果てまで移動できるようになったとすれば、ばっちり役に立つだろう。宇宙人が突然襲来して「どこどこのどこどこから来ました」と言われたときも役に立つかもしれない。

でも、まだそんな時期ではないし、役に立とうが立たまいが、そんなことは発見の価値をゆるがさないだろう。役に立ったからって発見がさらにすごい発見になんてならない。はっきり言って人の役に立つなんて事は、真理を明らかにするという事に比べたらあまりにも矮小(わいしょう)で、曖昧(あいまい)すぎるのだ。

インド人が“0(ゼロ)”を発見したときのように、見つけた事実がすぐに、だれもが役立てることができる時代だったのならば、利便性を重視し、第一に考え、科学にそれを求めてもなんら問題は起きなかっただろう。けれどもうすでに、人が探求する真理に、人自体が追いついていない。湯川先生が中間子を発見した、さて、じゃあ次の日にその中間子を、世界中のすべての人間が実用できただろうか? いや、できていない。それは湯川先生の発見が“役に立たない発見”だったのではなく、人類が“まだ役立てることができない人類”だったのだ。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。