ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初代ドナルドは現在のドナルドとまったく似ていなかった!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

世界でいちばん有名なファーストフードチェーンのキャラクターとえいば、ドナルド・マクドナルド(海外ではロナルド・マクドナルド)だ。あるピエロのような姿で、多くのマクドナルドファンを楽しませてくれる彼だが、実は初代ドナルドの姿は、いまのドナルドとまったく似ていなかったという。

初代ドナルドを見てみると、ピエロというよりは『オズの魔法使い』に出ているカカシのように見える。しかも、頭には常に、マクドナルドのハンバーガーセットが乗っている。どうやって食べるのだろうか……。確かに、現在のドナルドとは似ていない。共通点があるとすれば、シマシマの服装とスマイルくらいだろうか? また、このドナルドを演じている人も判明。なんと、現在も健在している人気タレントなのだ。

マクドナルドのコマーシャルで初めてドナルドを演じたのはウィラード・スコット氏で、1963年から約2年間、ドナルドとしてコマーシャルに出ていた。しかし、現在のドナルドとは似ていないため、定着した現在のドナルドと見比べると、その風貌から、ちょっとワイルドな印象を受ける。

もしかしたら、100年後のドナルドは現在と違う姿をしているかも? 未来のドナルドもちょっと見てみたい気がするが、ここまで世界に定着してしまうと、その姿はもう変化しないかもしれない(このニュースの元記事はこちら)。
 
 
こんなマクドナルドの記事もあります
マックのビッグマックが200円の激安価格! よーしお父さんビッグマック買っちゃうゾー!
ロッテリアとバーガーキングのサイトが酷似
ウェンディーズのお客様相談室がいちばん明るく丁寧な対応
タイのマクドナルドはなんでもアリ!

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP