ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileなどのグローバルメーカー、来年は$300未満のミッドレンジモデルも”防水”に対応させる計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外ではさほど浸透していないスマートフォンの”防水”への対応について、来年には国内外のグローバルメーカーが$300未満のエントリー~ミッドレンジクラスにも対応させていく計画だと、台湾メディアのDigiTimesが台湾の携帯部品メーカー関係者からの情報として報じました。同サイトが防水対応機種の拡大を計画している企業としてまず挙げたのはSony Mobileです。同サイトの情報元によれば、Sony Mobileはエントリー~ミッドレンジクラスの機種も防水に対応させるべく、それに取り組みに対応できる部品メーカーを模索しているとのことです。Sony Mobleの防水対応機種はけっこう多いのですが、世界規模でその数を増やすためにサプライチェーンの再構築を行っているのでしょうか。防水対応機種を増やそうとしているのはSony Mobileだけではないそうです。同サイトの情報元は、Samsung、LG、HTC、Motorola、Lenovo、K-Touchなどの海外メーカーも防水対応機種の拡大を計画していると述べたそうです。国内ではもはや標準機能と言える”防水”は世界規模で見ればまだマイナーな機能です、同サイトによれば、防水対応機種が近年増えていることから、海外メーカーもその流れに乗ろうとしているそうです。来年、防水は海外でも特別な機能ではなくなりそうですね。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)、RAM容量を倍増した「紅米Note(Redmi Note)増強版」を発売へ
Samsung、Galaxy Shopをヨドバシカメラマルチメディア梅田とエディオン豊田本店にオープン、5月15日には「Galaxy S 5 無料お試しキャンペーン」を開始
Galaxy S 5 Prime、Galaxy S 5 mini、Galaxy Mega新モデルの型番とディスプレイ仕様が判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP