体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5月11日に何がある?ダース・ベイダー起用も伝わりづらいドコモのキャンペーン

ダース・ベイダーが登場するドコモのキャンペーン『Who is my boss?』

日曜の午後、奥さんと買い物に出かけ地下鉄銀座線に乗った筆者。中吊りに目をやると、映画『スターウォーズ』でおなじみのダース・ベイダーがデカデカと載った広告が。「Who is my boss?」の文字に、「http://docomo-1-1.jp/」とURLが記載されているだけで、何の広告だかさっぱり分かりません。NTTドコモが何かキャンペーンをやっているようなのですが……。

記載されたURLを携帯電話に入力しても、表示されたサイトには動画のリンクと「詳シクはPCサイトを確認セヨ」と、URLを送るメーラー起動のリンクがあるだけで、何のことやら分かりません。メーカーから貸し出しいただいているスマートフォンでも見てみましたが、PCサイトとして表示されず、中身は不明なまま。仕方ないのでその場はあきらめ、パソコンでサイトを確認してみることにしました。

サイトを表示すると、東京の街にたたずむダース・ベイダーが「私ハ探シテイル……。私ノボスヲ探シテイル…。私ノボスハドコニイル……Who is my boss?」とつぶやく動画が再生されます。動画の再生が終わると、「オマエガ ワタシノbossカ 試スガイイ」と、ユーザー情報の入力が求められます。

……なんか上から目線なのが気になりますが、カタカナでニックネーム「ミヤハラ」を入力し、「顔を見セルガイイ」というので、「画像を読み込む」「WEBカメラで撮影」「Twitter IDから読み込む」のうち、「画像を読み込む」から、記者紹介ページにある写真を読み込みました。

すると、「映像の終盤にフリーダイヤルから電話がかかってきます」との注意書きが。同意するとフリーダイヤルの電話番号とIDが表示されるので、電話をかけて通話中にIDを入力します。すると動画が再生され、歩き回るダース・ベイダーや、街中に先ほど上げた画像が表示されるカットが流れた後、電話がかかってきました。電話を取ると「惜シイ、実ニ惜シイ、オマエハ私ノボスデハナイ」という声が聞こえてきます。

そりゃそうでしょうよ、あなたの元ボスはパルパティーン(銀河帝国皇帝)だし、あなたのボスが筆者だったら、ダース・ベイダーがガジェ通記者ってことになっちゃいますからねえ。

5月11日に何かあるらしいです

ブツブツ文句を言ってると、5月11日の日付と、カウントダウンの時計が表示され、「真実が明らかに」とあります。結局、ゲームなどでよくある、中身は不明なままカウントダウンを行う“ティザーサイト”だと判明しました。何のキャンペーンかは、5月11日まで分からないということですね。

このキャンペーンには、いくつか問題がありそうです。まず、電車の中で告知しているにもかかわらず、携帯電話やスマートフォンでは満足な情報が得られないこと。次に、PCでユーザー登録するだけならまだしも、フリーダイヤルとはいえ電話をかけるアクションが必要で、さらには電話がかかってくるということ。これではしり込みするユーザーも多いでしょう。何より、すべてを終えた結果が「で?」という内容で、ちょっと時間を損した気分にさせられること。

電話を受けたタイミングで動画が再生され、セリフと動画が同期しているなど、技術的にはスゴいことをやっているのは分かるだけに、ちょっと残念です。ミニブログ『Twitter』との連動としては、ほかのユーザーがボスとして診断された結果が自動でポストされる、ダース・ベイダーのID(Who_is_my_boss)が用意されており、そちらをフォローしたり、そのIDに向けてつぶやくなどの誘導が案内されています。マツコ・デラックスさんが『Twitter』を開始したキャンペーンでも感じましたが、ユーザーをフォローせず、一方的に情報を発信するだけだけだったら『Twitter』を使わなくてもいいような気が。とはいえ現時点で成否を判断するのは性急かと思いますので、5月11日に公開される情報を待ちたいと思います。ダース・ベイダーの『Twitter』から記事に抗議されたら面白いんですけどねえ。

Who is my boss?

画像:キャンペーンサイトから引用

(C)2010 NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved.
(C)2010 Lucasfilm Ltd. & TM. All rights reserved.

■関連記事
マツコ・デラックスが『Twitter』を始めるもフォローは27人!
マツコ・デラックスからガジェット通信に挑戦状!「この記事を書いた奴は、とりあえずぷよぷよ対決に来い!」
【GAME CENTER au!】マツコ・デラックスとガジェット通信の接触は不発に!

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。