ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクとKDDI、MVNO業者などへの回線の貸出で交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ2~3年の間に急増しているSIMカードの単体販売は、これまでNTTドコモのネットワークを利用したMVNO業者のものがほとんどでしたが、ソフトバンクやKDDIのネットワークを利用した通信サービスも今後登場する見込みです。日経がソフトバンクとKDDIも回線の貸出で他社と交渉を行っていると報じました。日経の報道によると、ソフトバンクとKDDIはMVNO業者などとのレイヤ2接続に必要な接続約款を公表しており、ソフトバンクは日本通信と、KDDIは関西で知名度の高いケイ・オプティコムと交渉しているそうです。2社のうち、日本通信は早ければ今夏にソフトバンクのネットワークを利用したデータ通信サービスを提供する予定とも伝えられています。他社への回線貸出を行っているのはこれまでNTTドコモだけなので、今後は、ソフトバンクとKDDIがこの分野に参入することで、今以上に価格・サービス競争が激しさを増すものと予想されます。この件に関する詳細はまだわかっていませんが、ユーザーにとっては、例えば、もっと安いプランを利用することや持っているスマートフォンの対応周波数等に応じてSIMカードを切り替えることが可能になるなど、さらに選択肢が増えることになると思います。ソフトバンクとKDDIの端末とSIMカードをセットにした格安端末の販売も行われそうですね。Source : 日本経済新聞



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy K Zoomのドイツにおけるメーカー希望小売価格は€519(約73,500円)
HTC Dot viewケースは音楽を操作したり、テトリスで遊ぶことも可能
Xperia L用のCyanogenMod 11がFree Xperia Projectからリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP