ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年05月05日~05月11日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年05月05日~05月11日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蟹座

ゴールデンウィークの後半は自分の趣味や興味を優先させるよりも周囲の意見を取り入れたほうがより楽しい時間を過ごすことができそうです。またやるからにはとことん本気でぶつかっていくことが肝要。中途半端に冷めていては得られる物が少ない結果に終わりそう。

第2位:獅子座

ゴールデンウィークの後半は大勢の人と賑やかに過ごすよりも気の置けない人とゆっくり過ごすほうが吉。やるべきことは早めに片付け時間に余裕を持つよう心掛けましょう。またイライラや不安を攻撃的な言動に変換しないよう注意。焦ったり慌てたりは失敗のもと。

第3位:山羊座

バランスの良い思考ができるときなので将来の為にも今のうちに一度立ち止まり足許を見つめ直す必要があるかもしれません。ゴールデンウィーク後半のうち時間が許す限りできれば目上の人や先輩など先達者の話を聞く機会を設けると吉。思い込みの自己判断は危険。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/570779 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:双子座
ゴールデンウィーク後半は英気を養う為に充分な休息をとる必要がありそうです。ここでしっかり休んでおくことが今後のふんばりどころの運勢を左右するでしょう。くれぐれも無理は禁物。海外の情報にツキがありそうなのでチェックしておくと良いかもしれません。

第5位:水瓶座
このゴールデンウィーク後半はいかに心穏やかに過ごすことができるかが幸運の鍵となりそうです。不安は的中する兆し。事前対策を練ることで自信を持って取り組むことが可能になるでしょう。しばらくは安定しない日が続くかもしれないので適度にストレス解消を。

第6位:射手座
積極的かつ戦略的な言動が功を奏するときです。ただし偏った物の見方をしがちなときでもあるので判断を下すときには周囲の意見にも耳を傾けつつ慎重に。ゴールデンウィーク後半はアクシデント発生の可能性。連携が乱れると長引きそうなのでくれぐれも注意して。

第7位:魚座
自分の意思に関わらず環境や状況が変化していくとき。対話をしっかり重ねていくことが肝要に。ゴールデンウィークの後半は骨折り損のくたびれもうけの展開になるかもしれません。迂闊に安請け合いしないこと。恋愛運は好調。友情から恋に発展するかもしれません。

第8位:乙女座
失せ物や忘れ物にはくれぐれも注意を。そのことで余計な出費がありそうです。ゴールデンウィーク後半は家族との時間を大切にすることが幸運の鍵。不安に思っていることや心配事は確認することで解消できそう。疲労からくる体調不良に気を付けて休憩をとること。

第9位:蠍座
ゴールデンウィーク後半は計画性のない行動で時間を無駄に費やしてしまいそう。過度な期待を抱くとガッカリする展開になるかもしれません。何事もほどほどに。ただし慎重さを保ちつつも判断力は冴えているのでその場その場での決断には自信を持って良さそうです。

第10位:天秤座
何かと誘惑の多いゴールデンウィーク後半となりそうです。しかしその誘惑に負けてしまうと運気は下降傾向に。不真面目な言動はよけいなトラブルを招く原因になりかねないので注意。対人運は好調。人との活発な交流がストレス解消や運気上昇につながるでしょう。

第11位:牡羊座
引き続き運気は低調をキープ。やる気が起きずダラダラしたりモチベーション維持できなくなるかも。その為ゴールデンウィーク後半はいろいろなものに手を出しては中途半端なまま終わりそうです。しかしそれが次の世界の扉を開くきっかけに。無駄と思わず挑戦を。

第12位:牡牛座
残念ながらゴールデンウィーク後半の運気は低調傾向に。良かれと思ってしたことが裏目に出たりタイミングの悪さを痛感するような事態が起こるかもしれません。特にマナーの悪さは人の目につき易いので意識する必要がありそう。自分の楽しみより周囲を慮ると吉。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP