ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One(M8)ではFlipFontでフォントを切り替えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCの新型スマートフォン「HTC One(M8)」では、システムやアプリで表示される文字のフォントをフォントパック「FlipFont」を使って変更することができます。FlipFontはスマートフォンのフォントを簡単に変更できる形にパッケージングしたアプリで、Google Playストアでは有料・無償含めて様々なものが配信されています。日本語フォントはあまり多くなく、有料フォントばかりなのですが、HTC One(M8)ではFlipFontを使ってフォントをデフォルトのもの以外に変更することができます。次の画像は、左側が「モトヤLシーダ3」、右側がデフォルトフォントです。変更方法は、端末の設定メニューを表示後、「ディスプレイとジェスチャー」→「フォントのスタイル」から「既定のフォント」以外を選択します。このフォント変更はSense 6.0の新機能なので、既存のHTC One(M7)などもSense 6.0へのアップデートで切り替えられるようになると思います。設定変更は簡単なのですが、問題はフォントをどこから調達するかですね。



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS未発表のタブレット型番「FE170CG(K012)」は7インチディスプレイを搭載したFonepadシリーズの新モデル
イー・モバイル、イー・モバイルショールーム六本木の明日4月19日より期間限定で「Google Playフロア」をオープン、Google Playクーポンのプレゼント企画も実施
デジオン、パナソニック製ケーブルテレビ用セットトップボックスの放送番組をAndroidスマートフォンやタブレットで視聴できるDTCP-IP対応のDLNAプレイヤーアプリ「DiXiM CATV Player」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP