ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、超小型カメラを内蔵したコンタクトレンズの特許を出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが米国特許商標庁に対して超小型のカメラシモジュールを内蔵したコンタクトレンズに関する特許出願を行っていたことがPatent Boltの調べで明らかになりました。USPTOに出願された特許はカメラモジュールを内蔵したコンタクトレンズ技術を概念化したもので、コンタクトレンズ内には有線/無線の通信モジュールを含む制御回路、カメラモジュール、各種センサーが埋め込まれており、一般的なコンタクトレンズのように装着できるとされています。カメラ内蔵コンタクトを装着すると、カメラが人の視線の先に映る風景を画像データとしてキャプチャーするそうです。Googleはカメラ内蔵コンタクトの利用シーンについて、瞬きでの写真撮影や目の不自由な方の屋外での歩行支援のための通知機能(交差点に近づいている場合に自動車を走行を検知してユーザーにアラートを発行するといったこと)、顔認識機能による指名手配犯の識別などを記しているとされています。Googleはカメラ付きアイウェアとして「Google Glass」を開発しており、今回の特許技術をGoogle Glassの進化版で利用するのではないかといった予想も伝えられています。Source : Patent Bolt



(juggly.cn)記事関連リンク
Android Tips : Galaxy S 5グローバルモデルを日本語化する方法
Android Tips : Googleアプリのアイコン画像を"Project Moonshine"の新アイコンに変更する方法
Amazon独自開発のAndroidスマートフォンの写真が流出、3Dインタフェースの詳細も伝えられる

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP