ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z2にはヒートパイプによる冷却システムが導入されているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z2」では、プロセッサ類の冷却のためにヒートパイプが使用されているそうです。台湾メディアのDigiTimesが台湾に拠点を置くサプライチェーンメーカー関係者からの話として報じました。スマートフォンのヒートパイプ冷却と言えば、NECカシオがMEDIAS X N-06Eで初めて採用しましたね。これによって、端末内部の局所的な発熱を分散することが可能になり、CPU等の高速な動作を持続させることが可能になります。Xperia Z2にもそれに似た冷却システムが組み込まれているというわけです。先ほど、シンガポールで発売されたXperia Z2で4K動画の撮影時に端末が高温になるという苦情が復数のユーザーから寄せられていることを紹介しましたが、それはヒートパイプによって内部の熱が従来モデルよりも素早く分散されたことも影響しているのかもしれません。同サイトはSony Mobileだけではなく、SamsungやLenovoもヒートパイプのスマートフォンへの導入で台湾の専門メーカーと協議を行っていることも伝えています。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
Dropboxが写真と動画のギャラリーアプリ「Carousel」をリリース
Google、モジュール側スマートフォン「Project Ara」のModule Developers Kit(MDK)をリリース
NTTドコモ、音声通話の定額プランやデータ通信の家族共有プランなどを6月1日より提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP