ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon Fire TVがiFixitで分解される、内部構造や使用パーツが明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週木曜に米国で発売されたAmazonのAndroidセットトップボックス「Amazon Fire TV」が米iFixitで早速分解されました。Fire TVは、Apple TVやChromecastなどのメディアストリーミングデバイスで、Amazonの動画サービスをはじめ、様々なオンラインメディアをテレビ/外部モニタにストリーミングすることのほか、Androidアプリ・ゲームを利用することもできます。Fire TVにはSnapdragon 600 1.7GHzクアッドコアプロセッサや2GB RAMが搭載されており、デュアルバンドWi-FiやBluetoothにも対応しています。ストリーミングデバイスの中では最高レベルと言える内容です。Fire TVのハードウェア使用はゲームの要件に合わせたものとなっています。Fire TVはスマートフォントとは違って分解するのは容易とのこと。しかし、修理のしやすさでは10段階中6の予想よりも低い評価が付けられています。交換可能な部品が少ないからなのでしょうか。また、分解の過程でSamsung製2GB LPDDP2 RAM「K3PE0E00QM-CGC2」、東芝製8GB eMMCフラッシュ「THGBM5G6A2JBAIR」、Qualcomm製電源管理IC「PMM8920」、Atheros製PCI-Eイーサネットコントローラー「AR8152-B」、Pericom製PCI-E Clock「PI6C557-03ALE」、TI製デジタルオーディオトランスミッター「DIT41921」、Qualcomm Atheros製統合ワイヤレスチップ「QCA6234XH」が使用されていることが判明しました。Source : iFixit



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z2に「スケッチ 2.0.A.0.0」を配信開始、クラウドバックアップ/同期機能と横表示用のノート作成機能を追加
NVIDIA、Tegra Note 7にOTA 2.1のアップデートを配信開始
Samsung、モバイルデバイスを自社の家電繋ぐ新サービス「Samsung Smart Home」を世界11カ国で提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP