ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【実録】日本人バックパッカーを Google が助けた! 呼ばれて行ったら Google で一番偉い人が待っていた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が助けてくれるのは、なにもインターネット世界だけではない。路頭に迷った日本人バックパッカーを Google の人が助けてくれた、その感動秘話をお伝えしたいと思う。

・春休みにちょっと長いアジア旅行
旅行サイト『タビィコム』の元アルバイトA君は、日本人男性の大学一年生。春休みにちょっと長いアジア旅行をしたい! ということで、3月10~25日の予定でバンコクへと旅立った。

・お金を落とした!?
特にトラブルもなくA君はアジア旅行をエンジョイ。あと数日で帰国という3月21日、マレーシアでその悲劇は起こった。あ、あ、あれ? ない、ない、ない! お金がない! どうやら、落とした(もしくは盗まれた)ようだ。持っているキャッシュカードは海外じゃ使えない(涙)!

・12時27分 大使館経由で送金不可能
どうにかゲストハウスにチェックインしたものの、所持金は50リンギット(約1500円)のみ。A君は Facebook から『タビィコム』のスタッフOさんに助けを求めて連絡。緊急の場合、大使館経由で送金も可能らしいが、クアラルンプールの在日本大使館は春分の日だったため閉館中。つまり、大使館経由で送金するなどの手段が取れないことが判明!!

・13時23分 もはや絶望的か!?
このままでは本当にヤバイという状況のなか、Oさんはシンガポールに住んでいる『タビィコム』記者Sさん(女性)に Facebook でヘルプを求めた。Sさんは夫(シンガポール Google 勤務)にマレーシアに知り合いがいないか聞いてみたところ、残念ながら知り合いはいなかった。

・13時52分 Google が助けてくれる!!
しかし! 事態はここから好転ッ! Sさんの夫が機転を利かし、マレーシアの同僚にA君を助けてくれるように相談。そしてなんと! Google が、A君に手を差し伸べたのである。

・14時45分 マレーシアの Google で一番偉い人登場
ゲストハウスを出てA君が向かったのはマレーシアの Google オフィス。しかも、そこで待っていたのは Google マレーシアで一番偉い人! まさに「マジかよ!」という展開である。

A君は160リンギットを受け取り、さらにカフェテリアで遅いランチを食べ、15時15分ごろに Google をあとにしたという。A君が助かったことを知ったシンガポールの Googleスタッフたちは歓喜! まさにお祭り状態になったという。あらゆる人たちの協力を得て、なんとかバンコクまで戻ったA君。無事に日本へと帰国し、現在は新たな旅を進めているとのこと。

・今回は緊急事態の特例であり異例
「Googleってそんなこともしてくれるんだ!! じゃあ自分もやってみようかな?」なんて思った人はダメですよ(笑)。今回は緊急事態の特例であり異例。A君のラッキーと Googleスタッフ(もちろん関わった全員)の優しさが生んだ出来事といえよう。

・同じバックパッカーとして
ちなみに、シンガポールの Google に勤務するSさんの夫は元バックパッカー。もしかすると、同じバックパッカーとしてA君を助けたいと強く思ったのかもしれない。

Ahocalypsis アホカリプス
http://ahocalypsis.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP