体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あなたはKindle等の電子出版物を買った事がありますか?」と学生に訊いてみたらけっこう絶望しちゃった話

「あなたはKindle等の電子出版物を買った事がありますか?」と学生に訊いてみたらけっこう絶望しちゃった話

今回は猪原賽さんのブログ『賽の目記ポータル』からご寄稿いただきました。
※この記事は2014年01月22日に書かれたものです。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/546910をごらんください。

「あなたはKindle等の電子出版物を買った事がありますか?」と学生に訊いてみたらけっこう絶望しちゃった話

「あなたはKindle等の電子出版物を買った事がありますか?」と学生に訊いてみたらけっこう絶望しちゃった話

昨日は別にいいかと書いたし、サムネイル用写真も昨日の流用ですが、昨日Twitter上で知った「事件」に思うところあり、やっぱり書くことにしました。

武蔵大学「クリエイティブ・ライティング」特別講演をした事です。

その内容ではなく、その途中で実施した挙手アンケートで、俺は愕然としたのです。

ちなみに昨日の「事件」とは、こちら。

「文庫だけでなくコミックも!角川書店Kindle版電子書籍70%オフセール中だぞ急げ!」 2014年01月21日 『News ACT』
http://news-act.com/archives/36548940.html

角川文庫、角川ホラー文庫の小説のみならず、エース・コミックスやあすかコミックスなどマンガの単行本のKindle版電子書籍が、軒並み70%オフセールとなったのでした。

俺も『強殖装甲ガイバー』Kindle版全巻買っちゃったし。

で、一体講義の最中一体何が「事件」だったかと言うと……

特別講義と言っても、大学時代の先輩(三澤さん)が講師として受け持つ授業のゲスト講師ということで、俺の目の前にいたのは、その授業を取っている35名ほどの大学生達。

1クラスくらいの学生を相手にマンガ業界のこと、マンガ原作という仕事、俺の知る範囲での事を話したくらいだったのですが、ぜひ学生さん達に対して話したいと思っていたネタのうちのひとつは、「電子書籍のこと」でした。

特にこの講義の2日前、俺はJコミの新年会にも参加しており、鈴木みそ先生を筆頭にした電子書籍の勝ち組マンガ家さん達のシンポジウム式トークショーも拝聴しておりました。

紙か電子か。有料か、無料か。

電子書籍によってマンガの未来はどうなる? そんな話をしようと思っていたのですが、まず俺は学生さん達に問いました。

――この中でKindleを始めとした電子出版でマンガや小説を買ったことのある人は何人くらいいますか?

……手を挙げたのは、1人でした。

1人だったんですよ。

大学生約35人。

その中で電子書籍を買ったことがある者が、たった1人。

俺は絶句してしまいました。

ほぼ全員が電子書籍を買ったことがない状況で、電子書籍を語ってもピンとくるわけがない。

三澤さんが慌てて助け舟を出し、質問を変えました。

――じゃあ、App StoreやGoogle Playで、音楽を有料ダウンロードした事のある人は?

――映画やTVなどの映像メディアは?

手を挙げた学生は、共に5人程度だったでしょうか。

――じゃあ、メディアはともかく、スマホの有料アプリを買った事のある人は?

ここまでDLコンテンツの幅を広げても、手を挙げたのは教室の半分にも満たない数だったと思います。

もういいです、じゃあ普通にマンガのコミックスを買う人は? と問うと、これでやっと教室の半分くらい。

マンガ雑誌を買ってる人は? と問うと、その中の3分の1くらい。

この授業は「クリエイティブ・ライティング」といいます。

将来、出版に関わる編集、作家等になりたいと考えている学生が半分以上はいる、と三澤さんに聞いていました。

そんな出版・物書きに興味がある若者が集まっているのに、

「有料コンテンツ」に課金した事のない者が大半

という状況は、これは電子書籍に限らず「有料コンテンツ・システムの終わり」を予感させるショックな出来事です。

授業のあと、三澤さんと反省会をしました。

その中で話題になったのは、やはり「思いの外、電子書籍を買う若者がいなかった」という話でした。

確かに学生は社会人と違ってあまり自由になるカネを持っていません。

学生達は無料のマンガやゲーム、アプリには手を出しているはずで、電子書籍は「買うべきもの」の優先順位が低いのではないか、と。

そこで、冒頭のコレに戻ります。

「文庫だけでなくコミックも!角川書店Kindle版電子書籍70%オフセール中だぞ急げ!」 2014年01月21日 『News ACT』
http://news-act.com/archives/36548940.html

少なくとも、私のTwitterTL 上ではかなり話題となり、実際これを機会に電子書籍をバンバン買っている方も多かった。

俺自身もガイバー全巻買っている。(既刊30巻全て購入しても5,000円ほど。)

この70%オフという値段はともかく、現在の電子書籍の値段が適正なのかどうかが、三澤さんとの反省会でも問題になりました。

現状、紙媒体のコミックス・本と、電子書籍のコミックス・本の値段にあまり差の無い状況で、電子出版物とはなかなか買われないものなのではないか。

では、電子書籍の適正価格とは……?

これからの若者、経済を支えるであろう学生達が、コンテンツに課金しようと思うラインはどこなのか……?

そんな悩ましい問題が出て、結論の出なかった翌日のこの角川70%オフセール。

翌日、つまり昨日。

ほぼ毎日世話になっているコワーキングスペース「CASE Shinjuku*1」。

ここにはよく顔を合わせる高専生がいます。

目の前で彼が仕事をしていたので、ちょっと断りを入れて話を聞いてみました。

*1:「少しずつバージョンアップしていくコワーキングスペース”CASE Shinjuku”を身を以て見守っている、なう 」 2013年12月24日 『賽の目記ポータル』
http://iharadaisuke.hatenablog.com/entry/2013/12/24/103601

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。