ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調理は一切不要! 開けてそのまま食べられる『ライス72H+ボンカレー72Hセット』を実食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ボンカレー

2014年3月11日、大塚食品とバイオテックジャパンが共同開発した緊急備蓄用カレーライス『ライス72H+ボンカレー72Hセット』が発売されました。お弁当用など加熱不要なカレールウはこれまでも販売されていましたが、こちらは水も加熱も一切不要で、開けてそのまま食べられるというレトルト食品。ライスまでそのまま食べられて、しかも常温保存で3年間と賞味期限も長い……。夢のような非常食ですが、お味の方は実際のところどうなの? そんな疑問を解消すべく編集部で実際に食べてみました!
 
(撮影:しゃむ / モデル:wosa)

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/544570 [リンク]

備えあれば憂いなし! 緊急用ならではのこだわりが詰まった心強いカレーライス!

ボンカレー

ボンカレー

大規模災害時、発生から水道・ガス・電気などのライフラインが復旧するまでにおよそ72時間かかると言われています。そのような時の安心の備えとして開発されたのが『ライス72H+ボンカレー72Hセット』なのだそう。

ボンカレー

今回のレビューのものは、賞味期限が2017年1月。驚きの長さです。

ボンカレー

それでは、さっそく開封してみます。

ボンカレー

ボンカレー

入っていたのは、ライス、カレールウ、お手拭き、スプーン、ゴミ捨て用シール。一袋に必要なものがすべて入っているのがうれしいですね。

ボンカレー

気になるライスをさっそくチェック。

ボンカレー

おお!

ボンカレー

しっかりライスだ! 紛うことなきライス! 1パックにおよそコップ1杯分(160ml)の水が含まれているとのことで少し柔らかめですが、災害時に手間をかけずに食べられるのだから、もう大満足の仕上がりです。

ボンカレー

袋は自立するので、食事の中断時も安心。

ボンカレー

こちらはカレールウ。スパイスの香りが食欲を刺激します。早く……早く食べたいッ!!

ボンカレー

具材もごろごろ入っています。

ボンカレー

いよいよ実食。気になるお味は……?

ボンカレー

ボンカレー

ボンカレー

ボンカレー

ボンカレー

「 Bon!」(フランス語で「おいしい、良い、優れた」の意。商品名の由来にもなっています)

さすがは“ボン”カレー。緊急時には贅沢すぎるのではないかと思うほど、しっかりとしたカレーライスです。具材もしっかりしているので、男性も十分満足できるボリューム。辛さは控えめでマイルドなタイプなので、子どもから大人まで美味しく頂けます。

ボンカレー

中身が少なくなったら袋をカット可能。「美味しさ」だけでなく「食べやすさ」にも強いこだわりを感じますね。

ボンカレー

ボンカレー

食べ終わったゴミは、袋に入れて付属のシールで止めることでコンパクトにまとめることができます。

ボンカレー

「ごちそうさまでした!」

緊急用ならではの工夫を凝らし、味にもとことんこだわって開発された『ライス72H+ボンカレー72Hセット』。普段の備蓄アイテムに加えて、車や会社のデスクに備えておけば安心ですね。東日本大震災から、より重要視されるようになった緊急備蓄用食品。今後の更なる進化にも注目したいところです。

商品概要:『ライス72H+ボンカレー72H セット』

■内容量:ライス72H:200g / ボンカレー72H:180g
■希望小売価格:オープン価格
■発売日:2014年3月11日
■販売エリア:全国
■販売チャネル:公共機関、企業、その他各団体等

大塚食品
http://www.otsukafoods.co.jp/ [リンク]

バイオテックジャパン
http://www.biotechjapan.co.jp/ [リンク]

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。