体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

息を吹きかけてエロカワ女子と遊ぼう! 米原康正の『Android』ゲームアプリ発売

『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』トップイメージ

アイティアは、人気フォトグラファー米原康正氏の『Android』ゲームアプリ『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』を、日本、米国をはじめとした世界9ヵ国で同時発売しました。振ったり、息を吹きかけたりすると、米原氏の撮影した東京の女の子の写真をコレクションできます。

『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』ゲーム画面

『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』は、『Android』端末のジャイロセンサー・マイクを使用し、ダンスミュージックのビートに合わせて振ったり、息を吹きかけたりして遊ぶカジュアルゲーム。セクシーでキュートな女の子たちをモデルに写真を撮影する、世界中で人気のフォトグラファー、“ヨネちゃん”こと米原康正氏のゲームシリーズとして誕生しました。

『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』ゲーム画面

ゲームは全24ステージ。ダンスミュージックのビートに合わせて激しく「シェイク」する『Shake Mode』、そしてマイクに息を吹きかけたりシャウトする『Blow Mode』で、気合いとカロリーを消費しながら女の子の写真をゲットするというもの。ビートに合わせて振れば振るほど、息を吹けば吹くほど、サウンドエフェクトが鳴り、「もっともっと~」「まだまだヨ!」と女の子のかわいい応援生ボイスでゲームは盛り上がり、写真の上にある邪魔なイラストがはがれ落ちていきます。

『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』クリア画面

アートディレクションには『easeback』、サウンドディレクションには高木完、声優にはちいを起用。『YONE GAME, SHAKE OR BLOW』は、『MTV』が選出する『MTV play Xperia supported by Sony Ericsson』のキャンペーンアプリにも採択されています。言語は、日本語と英語に対応(音声は日本語のみ)、『Xperia』『HT-03A』で動作検証済、価格は230円(税込)です。
 
Copyright(c) 2010 Office SAMASAMA Co,.Ltd. All Rights Reserved.
Copyright(c) 2010 YASUMASA YONEHARA.
Copyright(c) 2006,2010 AITIA Corporation All Rights Reserved.
 
 

■関連記事
目指せ金メダル! フィギュアスケート選手を育てて対戦するケータイ向け『フィギュアゲーム』
『ニンテンドー3DS』をにらんで? シャープがタッチパネル式3D液晶ディスプレーを発表
NTTドコモ、日本市場向け新モデル『ドコモ スマートフォン Xperia』を発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。