ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニンテンドー3DS』をにらんで? シャープがタッチパネル式3D液晶ディスプレーを発表

3ddisplay

3月23日に発表された『ニンテンドー3DS』では、裸眼で3D映像を楽しめることが明らかになっています。こちらに搭載されることを踏まえた発表かどうかは不明ですが、シャープがタッチパネル式3D液晶ディスプレーの開発を発表しました。

今回発表したディスプレーは、液晶ディスプレーに縦じま状の光学視差バリアを設けて光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を利用して立体表示させる“視差バリア方式”と呼ばれるもの。従来の液晶モジュールと比べて高輝度で、右眼用と左眼用の画像が重なるクロストークを低減することにより、表示品位を改善しています。モジュールの厚みは、タッチパネル式でありながら従来の2D用液晶と同等に抑えており、画面を縦にしても横にしても3D表示が可能とのこと。

仕様は下記のように発表されています。

画面サイズ:3.4型(従来は2.4型)
画素数:480×854ドット(従来は240×320ドット)
輝度(2D時):500cd/㎡(従来は250cd/㎡)
コントラスト比:1000:1(従来は100:1)
タッチパネル機能:あり/なし(従来はなし)

プレスリリースでは、「デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンなどのモバイル機器に最適です」と記載されていますが、「タッチパネル」「縦でも横でも3D表示」という仕様や発表のタイミングを考えると、『ニンテンドー3DS』への搭載が最も早い製品化のタイミングになるのではないでしょうか。それとも、『3DS』がお披露目される6月の展示会『E3』より前に、国内で裸眼3D液晶搭載のデジカメやスマートフォンなどが発表されるのかも?

■関連記事
『ニンテンドー3DS』を待てないユーザーが勝手に3DS映像を作った!
任天堂の新携帯機種『ニンテンドー3DS』の噂まとめ 発売日は今年のクリスマス?
ニンテンドーDSの後継機種『ニンテンドー3DS』発表! 来年3月発売予定

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy