ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sense 6.0ベースのHTC One用カスタムROM「Sixth Sense」がKDDIのHTC J Oneに移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日紹介したSense 6.0ベースのHTC One用カスタムROM「Sixth Sense」がKDDIのHTC J Oneに移植されました。ROMの中身はグローバルモデル向けとして公開されたものと同じだと思いますが、今回のはHTC J One用とされているので、KDDIのCDMA/LTEネットワークに対応させるためにベースバンドファームを入れ替えるなどの変更が行われていると考えられます。HTC未発表の「Sense 6.0」は、Sense 5.5の機能を継承しつつも、リニューアルと言えるほど外観が変更されてます。特徴的なのは「個人設定」のテーマ機能によってBlinkFeedの背景色をはじめ、標準アプリ(音楽やギャラリーなど)のカラーリングも一括で変化するところでしょう。カラーリングは、デフォルトはグリーンでテーマを変更するとパープル、オレンジ、ブラックになります。また、ステータスバーの色も適用中のテーマに合わせて変化するようになっており、アプリとシステムの統一感が以前よりも増しています。このほか、Flipfontによるフォント変更機能やスリープ状態から画面のタッチ/スワイプ操作でロックを解除したり、アプリを起動できる「Motion Luanchジェスチャー」機能も搭載。HTC Oneの大きな特徴の高性能カメラはアプリUIがリニューアルされています(変更箇所は他にもあると思います)。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、復数の端末で1つのChromecast画面を共有できるChromecastアプリ「Photowall for Chromecast」をリリース
LG、Android Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch」の鮮明な製品画像を公開
LG、LG G Pro 2の「ノックコード」機能をLG G2とLG G Flexに提供すると発表

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP