体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『芸能人カレー部』とコラボした『森下千里プロデュースのカレーパン』など発売へ

芸能人カレー部『森下千里プロデュースのカレーパン』

敷島製パン(Pasco)は、『芸能人カレー部』とコラボレートしたカレーパンを、5月1日から関東、中部、関西地区で発売します。今回発売されるのは、『森下千里プロデュースのカレーパン』と『石田純一プロデュースのカレーパン』の2種類です。

『芸能人カレー部』は、カレーライスをこよなく愛する芸能界のタレントやスタッフが集い結成されました。はじまりは、1997年に行われたとある長期ロケで、海外の食事に飽きたスタッフがみんなでカレーを作っておいしく食べたことから。それ以来、『カレーを食べる会』『カレー部』として活動は続き、昨年10月には『芸能人カレー部』プロデュースのカレーショップもオープン。2010年3月現在では、5店舗まで展開されています。

芸能人カレー部『石田純一プロデュースのカレーパン』


今回発売するのは、カレーショップ『芸能人カレー部』とPascoがコラボレートし、森下千里さん考案の『ちょっと贅沢なカレー』と、石田純一さん考案の『ヨーロピアンカレー』をイメージしたカレーパン。商品化にあたっては、森下千里さんと石田純一さんの意見を参考に改良をかさねたそうですよ。

『森下千里プロデュースのカレーパン』は、玉ねぎ、トマトをベースにしたまろやかなカレーを包んで揚げたもの、『石田純一プロデュースのカレーパン』は、スパイスの効いたチキン入りのカレーを噛みごたえある生地で包んでいます。参考小売価格は126円(税込、オープン)です。
 
 

■関連記事
アメリカからジャパンへ! マクドナルドが今度は『日本の味』キャンペーン開始
具だくさんにもほどがある!『盛りだくサンド』サークルKサンクスから発売へ
“ご当地カレー”が約350種類!? 日本最大級のカレーポータル『カレー発掘館』オープン

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。