体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

予算1万円! 全身ユニクロでさわやかリア充に変身してみた

smicaさん

新入生! 新入部員! 新入社員! 春といえば出会いのシーズンだ。「人は見た目が9割」とも言うし、第一印象で「キモッ!」といわれたくないものだ。でも、デパートのファッションフロアに着ていく服なんてないし、趣味につぎ込んでお財布もピンチ。どうしたらいいんだ……。

「最近のユニクロってオシャレなんですよ」と声をかけてくれたのが服飾を学び、アパレルショップに勤めていたこともあるsmicaさん。彼女は『ニコニコ動画』で行われた『ニコニコ大会議ツアー』にも出演する有名生放送配信者だ。アイテムを選べば、ユニクロだけで上から下までそろえられるという。ユニクロなら、ユニクロならなんとか俺たちでも入れる! ということで3人のオタクが名乗りをあげた。まず、変身前の姿をごらん頂こう。

ニットタイガー普段着

一人目は『ニコニコ生放送』で活躍する配信者のニットタイガーさん。くたびれた茶色のジャケットに首回りがよれたシャツだ。「お手入れが面倒なので、メンテナンスが簡単な素材しか買ってません。あとは目立たないようにかな……」

ひげおやじさん返信前

二人目はガジェット通信記者のひげおやじさん。だらんとした上着にグレーのシャツ、ラーメン屋の店員のようなタオルを頭に巻いている。「こういうときタオルかぶるのは最後のプライドですね。顔出ししたくないっていう強い思いを込めてます」

伊予柑さん返信前

三人目は伊予柑(筆者)。キャラクターTシャツに、秋葉らしいチェックのシャツだ。「『ニコニコ動画』で有名な『御社』が販売したアナログマのレアTシャツです! シャツは『渋谷系☆福袋』にはいっていたヤツです」

ユニクロレシート

さて、ありがちなオタク3人だが、本当に変身できるのだろうか。今回予算のないモデルのためにトータルコーディネートを1万円でお願いしてみた。メンズファッションといえばシャツ1枚5000円、ジーンズ1本3万円程度はするものだが、本当に1万円でできるのだろうか。早速結果をみてみよう。(なお、価格はすべて取材時のもの)

ニットさん返信後

ニットタイガーさんは白いレイヤードシャツに、明るいボトムスに着替えた。首から垂らした縞柄ストールがアクセントだ。

「年齢を踏まえて、モノトーンで落ち着いスタイルで纏めました。黒から白へのグラデーションのなかで、春に似合う軽めの色使いにしました。アクセントとして柄を使ってます」

【アイテム】合計 \8760/スラブレイヤードTシャツ \790/Wボーダーストール \990/スキニーデザインジーンズ \3990/ダブルガーゼシャツ \2990

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。