ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アイマス」「あの花」「うたプリ」……アニメ原画を一度に楽しめる“A-1 Pictures”ブース[AJ2014]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日3月22日と明日23日の2日間開催されるアニメの祭典『AnimeJapan2014』。「東京国際アニメフェア」と「アニメコンテンツエキスポ」が統合され、1つの大規模なイベントとして今年から東京ビッグサイトにて開催されています。さまざまな企業ブース、ステージなどが行われ、いざ会場に足を踏み入れても、どこに行けばいいかわからない! という人も多いはず。
どこのブースに行ってもそれぞれとても楽しいのですが、23日に時間があったら訪れて欲しい、“A-1 Pictures”のブースをちょこっとご紹介します。

株式会社A-1 Picturesは、2005年に設立し数多くのヒットアニメを制作するアニメ制作会社。「あの花」「かんなぎ」「黒執事」「うたプリ」「ソードアートオンライン」「アイマス」「俺妹」「WORKING!」など、本当にあげればきりがなく、まだ創設10年足らずとは思えないほど素敵な作品を制作しています。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://otajo.jp/37994[リンク]

そんなA-1 Picturesのブースには、来場者が減る夕方になっても多くの人が。みんなじっと立ち止まって何を見ているのか近づいてみると、これは、アニメの原画!?

棚にはアニメタイトルが入ったファイルがズラリ。ファイリングされたA-1 Pictures制作のアニメの原画を手にとってじっくり見ることが出来るのです!

こちらは劇場版のアイドルマスターの原画。

これはうたプリ。こうやってアニメの中のアイドルたちが生まれているんですね。

ファイリングされているものは複製ですが、テーブルのガラスの下に配置されているものは本物だとか。色鉛筆の筆圧まで伝わってくるような、生原画を目にすることが出来ます。原画も複製原画も撮影はNGですが、貴重な原画を間近で見れるのが嬉しい! しかも1つの作品だけでなく、いろいろな作品があるので、次から次へと手にとってみたくなります。

またブースにある大きな「クリエイターズウォール」には、A-1 Picturesが制作を担当した
アニメのキャラが入り乱れ。

“宇宙兄弟のアポかわいいな~”とか“新世界よりの野狐丸!”“ぜんまい侍まで!”など、自分の好きなキャラを見つけるとはしゃいでしまうこと間違いなし。

たくさんの作品原画が一箇所で楽しめる、というアニメ制作会社ならではのブース。現在放送中の「銀の匙 Silver Spoon」や「世界征服~謀略のズヴィズダー~」、「マギ」などの原画も見れるかも!

AnimeJapan2014
株式会社A-1 Picturesブース

場所:東京ビッグサイト 東2ホール A2
イベントHP:http://www.anime-japan.jp/

A-1 Pictures HP:http://a1p.jp/[リンク]

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP