ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「オリコンで10位内を目指します!」 声優・民安ともえ率いる民安★ROCK決起集会&ワンマンライブレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

3月8日、渋谷のライブハウスDESEOにて民安★ROCKワンマンライブが行われた。ライブは1部の『民安★ROCK決起集会 2014』と、2部の『民安★ROCK 「Welcome to my ”HOME”」 1軒目』という2部構成で行われた。

民安★ROCKは、ボーカル・民安ともえ、バンドリーダー/ギター・けんせい、ギター・折倉俊則、コーラス・anporin、ベース・彩、ドラム・ニリツ、キーボード・柳英一朗の7名で構成されるロックバンド。今回のライブでは柳英一朗以外の6名が登場し、アツいライブを繰り広げた。

第一部では、決起集会と称してボーカルの民安ともえからアツい演説と共にこれからの目標が高らかに宣言された。まずは、これまでPCゲーム扱いであったCDの流通を、新規レーベルに移転して音楽CDとして流通させるということ。これによって今まで扱われることのなかったオリコンに初めて民安★ROCKが登場することになる。この機会に“民★Rocker”の力でオリコン10位以内を目指そう!というものだ。今までの実績からすると手が届きそうにないような順位なのだが、そこにあえて挑戦しようということに強い決意を感じる。また、今年は全国20箇所でのライブツアーを決行、各地でスタンプラリーが行われる。

また、今年の民安★ROCKの大願成就を思いを込めてだるまの開眼が行われた。だるま開眼の様子は会場の客席から写真撮影が行われた。さながら記者会見のような形で行われた撮影は、その場でTwitterやFacebookにアップされて民安★ROCKの新しい門出が全世界に報道された。ライブタイトルが『Welcome to my “HOME”』ということもあり、「ただいま!」「おかえり!」というコール&レスポンスも。

自身の楽曲を使ってライブ会場で遊ぶというコーナーもあった。今回は『フェスティバライフ』の前半を演奏しながら“だるまさんがころんだ”のようなゲームを行った。“だるまさんがフェスティバ”という名前で行われたこのゲームは、お客さんは曲を演奏している間だけ手拍子をし、ピタッと曲が終わった瞬間に手を叩いていたらアウトというルールで行われた。バンドが緩急をつけながら演奏されたにもかかわらず精鋭の猛者たちが果敢に挑み、残った5人には今回のツアーを一緒に回る仲間である“だるま”に最初のメッセージを書く権利が与えられた。

初めて来たらしい開演前にそわそわしていた感じのファンも、メンバーがステージに上がった瞬間からエンジンがかかり、1曲目からノリノリで腕を振り声を上げて楽しんでいた。今回のライブでは、1部で『未確認XX生命体』『Lively Passion!』『BanG!』『PowerHalation』と、『Good night daring』の5曲が、2部では『未確認XX生命体』『Happy my home』『PowerHalation』
『Dreaming!』『サカサカ@ミサマ』など21曲が披露され、どの曲でもステージ・客席ともに全力を出し切ってライブを楽しんでいた。初心者でも楽しめる楽曲が多く、声を出したり、ジャンプしたり、タオルを振り回したりという客席も全身で楽しめるライブだ。あまりに盛り上がっていたあまり、記者席までもがじんわりと汗をかくほど会場が熱気に包まれていた。

ライブの終盤では、それまで別の現場にいたキーボードの柳英一朗が急遽参戦。ラストの『3376』ではメンバー全員揃ってのステージとなった。最後に、メンバーから今回の決起集会での発表についてのコメントがあった。ボーカルの民安ともえは「新しい発表や、今までと変わったことがあって、みんながどういう風に受け取るかとか、嫌いになったりしないかなとか結構心配したりしたんですが、今日のライブがこんなに楽しかったので何も心配いらないなと思いました。新しくファンになってくれた人も、昔からのファンの人もみんな同じだけ大きな声で、いい笑顔でずっと応援してくれています。そんなみんなに何かを返せないかなとずっと思っていました。みんなが友達に紹介するときに誰?とか店頭にないとか、そういうことにならないよう、まずはオリコンで10位内を目指します。これからも応援よろしくお願いします!」とコメントをした。

今年、活動の幅を広げていく民安★ROCK。記者も初めてライブを観たが、一度ライブを体験するとクセになる楽しさを秘めていると感じた。全国20箇所のツアーを予定しているので、気になっていた方はこの機会にライブ会場へ足を運んでみてはいかがだろうか。

セットリスト

■1部
未確認XX生命体
・Lively Passion!
・BanG!
・PowerHalation
追加
・Good night daring

■2部
・未確認XX生命体
・Happy my home
・PowerHalation
・Dreaming!
・サカサカ@ミサマ
・ノックロックボーイフレンド
・流れ星
・メイドさんスーパーライブ
・Folder
・Rock it Higher!
・地球を廻せ!High&Low
・ストレイデイジー
・だるまさんがフェスティバ
・BanG!
・Lively Passion!
・Good night daring
・ハル・コイ

・サカレサマー
・民安は俺の嫁

・フラワーライフ
・3376

民安★ROCK 公式サイト
http://tamiyasurock.net/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP