ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チョコ菓子『BIGサンダー』が品薄のため販売休止 台湾でバカ売れしすぎたせい?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ココアクッキーチョコ『BIGサンダー』を製造販売している有楽製菓が、同製品の販売休止を発表した。「販売予測を大幅に上回る状況が続いたため、商品の供給が間に合わない」ことが理由だという。

『BIGサンダー』は、『ブラックサンダー』の姉妹品として2006年に発売されたチョコ菓子で、ココアクッキーのサクサクした歯ごたえと、値段の割にボリュームがあって食べ応え満点なことで大ヒット。2008年の北京オリンピックで銀メダルを獲得した体操の内村航平選手の好物だったことが報じられた効果もあり、売上が加速していた。2012年にはチョコの厚みを増しさらに食味が向上。その結果、日本のみならず海外でもファンを増やし、特に台湾では日本旅行土産の定番として定着していた。

試しに台湾での製品名『big 雷神巧克力』で検索すると、箱買い可能なサイトが出るわ出るわ。セブン-イレブンでも箱買いしていく人が多いらしい。また、羽田や成田空港のコンビニでも、観光客向けに『BIGサンダー』と『ブラックサンダー』の特設コーナーが設けられているところも。ちなみに、この「『BIGサンダー』販売休止」のニュースは、台湾のテレビが速報していたりする。たかがチョコ菓子なのに、ちょっとした社会現象。そりゃ生産が追いつかなくなるわけだ……。

画像引用:
有楽製菓のリリース
http://yurakuseika.typepad.jp/blog/2014/03/big-ba99.html [リンク]

台湾の通販サイト『露天』
http://www.ruten.com.tw/ [リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP