ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時代はクロエ・ルメールより村上文緒!? 『ガールフレンド(仮)』キャラ総選挙の結果はいかに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


学園を舞台に様々なキャラクターの女の子との出会いを楽しみながら、数々の試練に挑んでいくスマートフォン向けゲーム『ガールフレンド(仮)』。総勢80名以上の豪華声優陣がCVを担当しています。今年のお正月には印象的なCMが超話題になりましたよね。

そんな『ガールフレンド(仮)』のキャラ人気投票企画「聖櫻学園マドンナ選抜総選挙2014」が開催中。3月21日正午の結果発表を前に、順位の変動や意外なキャラのランクインなど、ファンの間で熾烈な争いが巻き起こっています。

13日には最終速報順位発表も。キャラ&声優さんの解説、ネット上での声などを交えながら順位をご紹介させていただきます。

「聖櫻学園マドンナ選抜総選挙2014」最終速報順位

1位 村上文緒(CV: 名塚佳織) 125万2871票
2位 クロエ・ルメール(CV: 丹下桜) 116万6456票
3位 椎名心実 (CV: 佐藤聡美)84万6376票
4位 櫻井明音(CV:佐藤利奈) 61万2723票
5位 ミス・モノクローム(CV:堀江由衣) 33万4866票
6位 望月エレナ(CV:原田ひとみ) 31万3230票
7位 朝比奈桃子(CV:小倉唯) 30万2161票
8位 神楽坂砂夜(CV:寿美菜子) 23万5829票
9位 優木苗(CV:日高里菜) 23万2703票
10位 加賀美茉莉(CV:釘宮理恵) 23万532票

まず特筆すべきは得票数の多さ! 昨年行われた『2013ミス聖櫻コンテスト』では1位の得票数が53万1245だったので2倍以上。結果発表前にこの多さ、アツい盛り上がりが伺えます。

そして『2013ミス聖櫻コンテスト』では見事一位に輝いた椎名心実(CV:佐藤聡美)がまさかの3位転落! 「クロエ・ルメールデスヨ~」というカタコトの挨拶が大ブームとなり、着ボイスまで作られたクロエ・ルメールちゃんが2位という結果に。この2強をおさえた村上文緒ちゃんってどんな子?

まさかのクロエ越え! みんな大好き村上文緒

村上文緒は口べただけど優しい図書委員の女の子。休日も古本屋に行ったり、とにかく読書が大好き。『2013ミス聖櫻コンテスト』では椎名心実に次いで2位という順位でしたが、倍近い得票差があったため、今回は雪辱を果たしたい文緒ファンが頑張ったと予想できます。『Twitter』上でも、

・みんな大好き村上文緒が圧倒的すぎる
・覚醒した村上文緒に死角はない
・時代はすでに村上文緒ちゃん

など、村上文緒推したちの声が。心実が目立ち、クロエが話題になっている間、ファンを着実に増やしていたのが文緒ちゃんだったということでしょうか! しかし、一次速報で一位に輝いたクロエちゃんや、「椎名はここから上がってくると信じてる」など根強い心実ファンの直前の追い上げも予想されるので油断できません。

「私の中では一番だからいいんだ!」SKE48の松井玲奈さんは誰推し?


筆者の注目は昨年の総選挙では15位以下の順位だったのに、今回の最終速報で7位とランクアップした朝比奈桃子ちゃん。CVを務めるのは18歳の小倉唯さん。『変態王子と笑わない猫。』の筒隠月子役など、ヒロインに次々と起用される人気声優です。本人も150cmと小柄でとってもキュート。音楽活動もしており、軽音部に所属する桃子ちゃんとのシンクロ率もバッチリです。

その他にも神楽坂砂夜(CV:寿美菜子)や加賀美茉莉(CV:釘宮理恵)もジャンプアップ。20位までのキャラクターはグッズ化されるため、『Twitter』では各キャラクターのファンが「○○ちゃんに清き一票お願いします!」「みんなで○○を応援しよう」と、それぞれ選挙活動を行っており、目が離せない展開です。


ちなみに、SKE48のオタク担当として知られる松井玲奈さんも 『ガールフレンド(仮)』をプレイしていて、総選挙では“白瀬つづり”(CV:村川梨衣)推し。『Twitter』では

ガールフレンド(仮)のマドンナ選抜総選挙。持ってる券全て白瀬つづりちゃんに入れたけど、選抜入りは難しそうだ…
私の中では一番だからいいんだ!

とつぶやいています。一般ファンからアイドルまで夢中になっている『ガールフレンド(仮)』の注目の結果発表は3月21日の正午。心して待て!

ガールフレンド(仮)
http://vcard.ameba.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP