「死にゲー」にハマってみる?『SUPER耳男BROS』

Pocket
LINEで送る

記者 : カテゴリー : ゲーム タグ :

【モゲラプロジェクト】ゲームピックアップ:SUPER耳男BROS

未来検索ブラジルがリリースしたゲームコミュニティ『モゲラ』の注目ゲーム紹介、今回取り上げるのは、太郎が開発したアクションゲーム『SUPER耳男BROS』です。

グラフィックはレトロゲーム調のドット絵、かわいいキャラクター、のどかな音楽と、一見とても気軽に楽しく遊べそうなゲーム。動きも気持ちよく、非常に完成度が高い作りです。ですが実際遊んでみると……。

『SUPER耳男BROS』(『モゲラ』にて公開中)

人生オワタ\(^o^)/の大冒険』『I WANNA BE THE GUY』をご存知でしょうか?いずれも、即死する障害物やトラップ満載で、何度もミスしながら攻略していく「死にゲー」と呼ばれるジャンルの名作です。ちなみに前者はキング ◆KING75wl/Qが制作したFlashゲーム。後者は、前者を遊んだ作者のKayinが「自分ならもっといいものが作れる」と開発した(らしい)ダウンロードゲームです。『SUPER耳男BROS』は、短編ながら、これらの流れを汲んだ新作と言えるでしょう。

ゲーム内容は、タイトルから連想されるように横スクロールのジャンプアクション。障害物や敵の弾を避けながらゴールを目指します。それではゲームスタート……と、ここでまず大きな障害が待っています。タイトル画面がミニゲームになっていて、画面の右端まで主人公キャラクターを移動させればゲームが開始するのですが、いきなり難しい!主人公が移動した途端、巨大なタライが降ってきます。タライを避けつつ、ブロックや上下に移動する足場に乗って、ようやくスタートできるのです。

スタート直後から、さらに「死にゲー」の本領発揮。攻撃してくるミサイルを足場代わりにブロックまで飛び乗り、隠しブロックで弾を避けながら弾幕をすり抜け、と涙が出そうな厳しさ。もちろんタライもバンバン落ちてきます。障害物や敵の攻撃パターンを頭に入れて、かつ正確なタイミングで操作できるようになるまで、何度となく死にまくることでしょう。「初見殺し」「覚えゲー」という言葉もあり、「死にゲー」というジャンルをうまく説明しています。

「死にゲー」は、『YouTube』や『ニコニコ動画』でも人気ジャンルとなっています。難関をクリアしていく偉業をプレイ動画として公開したり、プレイヤーがイライラし、泣き叫ぶリアクションを動画で公開し、楽しめるものもあり。『SUPER耳男BROS』でも、動画を公開して楽しんでみてはいかがでしょうか。

■こんな情報はいかが
SUPER耳男BROS
【モゲラプロジェクト】ゲームピックアップ:RESINOIDS TD
「死にゲー」を『ニコニコ大百科』で調べる
『人生オワタ\(^o^)/の大冒険』を『ニコニコ大百科』で調べる
『I WANNA BE THE GUY』をニコニコ大百科で調べる

shnskの記事一覧をみる ▶
shnsk

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

  • -
  • ガジェット通信を≫
Pocket
LINEで送る

関連記事
新着記事一覧

TOP