ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の芸術家が元慰安婦に土下座 この謝罪により世界中に日本人土下座の銅像が建つ?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12日に在韓日本大使館前で慰安婦問題をめぐり、黄色い衣装を身にまとった日本人芸術家が元慰安婦達に謝罪の舞を見せ土下座を行った。この日本人芸術家は素足に地面に頭を付けるように土下座し謝罪。

韓国ではこのような謝罪パフォーマンスが日常的に行われており、統一教会の日本人による謝罪も過去に行われてきた(下記URL記事参照)。それだけでなく3.1節の際は日本軍に扮した人が韓国側にやられるというパフォーマンスも行っている。

こういったパフォーマンスを行うと今後どうなるのだろうか? 韓国内で行われたパフォーマンスが既成事実として作られ、世界中に「慰安婦に土下座をした日本人の銅像」が作られる可能性がある。むしろそれが狙いなのかもしれない。

銅像を建てる際に「実際に土下座していた」と今回の土下座パフォーマンスの写真を見せて強引に銅像設置を押し進める可能性もある。

数か月後、数年後に「日本人が慰安婦に土下座の銅像」というニュースが出た際はこの記事のことを思い出して欲しい。何か引っかかるはずである。


日本の芸術家、元慰安婦に謝罪の舞(朝鮮日報)
慰安婦問題「土下座」パフォーマンスと、いかにも韓国的な「希代の宗教ビジネスマン」=文鮮明氏の死[リンク]
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012091200014.html
日本人芸術家のFacebook:https://www.facebook.com/junamanto

※画像は『朝鮮日報』、『vop.co.kr』、『NEWSis』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP