ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【FLASH PLATFORM CAMP】Flashゲームを『iPhone』アプリで動かすテクニックを披露

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
FLASH PLATFORM CAMP

米国時間の4月12日に発表が予定されている『Flash』の次期バージョン『Flash Professional CS5』では、『Flash』から『iPhone』アプリを書き出せる機能『Packager for iPhone』に注目が集まっており、既にベータプログラムに参加した国内のFlashクリエーターがさまざまな『iPhone』アプリを公開しています。

アドビシステムズが3月16日に開催した『CS5』関連の新技術や内外のクリエーターによる最新事例を発表するイベント『Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo』では、Adobe Systems社のMike Chambers氏によるセッション『Packaging High Performance iPhone Applications with Flash CS5』で、『iPhone』アプリ書き出しの事例とテクニックがデモを交えて披露されました。


・国産アプリの紹介から

FLASH PLATFORM CAMP FLASH PLATFORM CAMP

最初に、ベータプログラムに参加した国内クリエーターが『CS5』で制作した『iPhone』アプリの事例として、タカヒロウ(宮澤卓宏)氏の『モアイまわし』と森 巧尚氏の『スペアロイドLite』が紹介されました。

『Packager for iPhone』に注目するFlashゲームクリエーターは多く、リリース後にはこうした事例を数多く目にすることになるでしょう。

・『Flash』から『iPhone』へ一連の流れをデモ

FLASH PLATFORM CAMP

『iPhone』アプリを制作するには、まずApple社の『iPhone Dev Center』でデベロッパー登録が必要。『CS5』から『iPhone』アプリの形式であるIPA形式のファイルを書き出すメニューには、デベロッパー登録で使える認証ファイルやID、パスワードなどの認証情報を入力する欄があり、書き出しの際に入力する必要があります。

FLASH PLATFORM CAMP

デモではFlash形式のファイルからIPAファイルを書き出し、携帯電話などデバイス向けの動作確認環境『Device Central』を使った動作確認の後、IPAファイルを『iTunes』にドラッグして読み込み、『iPhone』で再生するまでの一連の流れを実演。『Device Central』の新版では、スマートフォン向けに加速度センサの動作をエミュレートできることが明かされました。今後は『iPhone』や『iPad』に対応したバージョンが提供されるようです。

・『Flash』からIPAを書き出す注意点8項目
『Flash』から書き出したIPAファイルを『iPhone』で動作させるには、パフォーマンスを最適化し、メモリー消費を抑えるチューニングが重要になります。Chambers氏のデモを交えた説明では、下記が注意点になるとのこと。

(1)レンダリング設定は「GPUレンダリング」を選択すること

FLASH PLATFORM CAMP

(2)「CTTextureUploadTracking」のスクリプトを使ってデバッグすること

FLASH PLATFORM CAMP

(3)再描画を避けること

FLASH PLATFORM CAMP

(4)インスタンスの割り当てを最小化すること

FLASH PLATFORM CAMP

(5)オブジェクトのインスタンスを再利用すること

FLASH PLATFORM CAMP

(6)タイマーより「ENTER_FRAME」を利用する方がパフォーマンスがよい

FLASH PLATFORM CAMP

(7)マウスやタッチのイベントはCPUのリソースを消費する

FLASH PLATFORM CAMP

(8)イベントのDispatch(イベントリスナーの管理)やPropagation(伝播)はリソースを消費する

FLASH PLATFORM CAMP FLASH PLATFORM CAMP

・デバッグを実演

FLASH PLATFORM CAMP

デモでは「CTTextureUploadTracking」スクリプトを使ったデバッグの事例を紹介。同スクリプトを挿入すると、アプリの再生時に再レンダリングしている個所を赤く表示します。

FLASH PLATFORM CAMP

Chambers氏が使用を推奨するスクリプト「cacheAsBitmap」の設定が無効になっていたためで、これを修正すると、ほぼ再レンダリングしないため、パフォーマンスが最適化できることが実演されました。

最適化については経験とノウハウが必要になりそうですが、先行ユーザーはこれらについても積極的に情報を公開しているようで、Chambers氏はゲームのフレームワーク『Simple Game Framework』を、Adobe社からはモバイルコンテンツの最適化についてドキュメントを公開しています。興味ある方は『CS5』リリース前に確認してみるとよいかもしれません。

Chambers氏の『Simple Game Framework』
http://github.com/mikechambers

Optimizing Mobile Content for the Adobe Flash Platform
http://www.bytearray.org/?p=1363

■関連記事
新技術と最新事例のショーケース『Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo』レポート
気になる『Flash』での『iPhone』アプリ書き出しは?新発表が相次いだ『Adobe MAX 2009』を振り返る
『Flash』からの書き出しを実現!名作ゲーム『モアイまわし』がiPhoneアプリで登場

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。