ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サイボウズ、災害発生時の安否確認サービスのAndroidアプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サイボウズの子会社 サイボウズスタートアップスは3月11日、災害等が発生した場合のコミュニケーションツール「安否確認サービス:サイボウズスタートアップス」のAndroidアプリをGoogle Playストアにリリースしました。アプリは無料です。「安否確認サービス」は、地震や台風などの災害によって携帯キャリアの電話やメールが遅延する場合に、安否等の情報をより確実に共有できることを目指したサービスです。アプリでやり取りされるメッセージはWi-Fiや携帯網を経由しますが、携帯キャリア各社のサービスを利用していないため、それらで遅延が発生して利用しづらい状況でも安否等の情報をより確実に共有できるとされています。今回リリースされたAndroidアプリはそのサービスのAndroidクライアントという位置づけのもので、利用するには同社の「安否確認サービス」のログインアカウントが必要となっています。このサービスはグループウェアとして提供されており、「安否確認機能」、「情報集計機能」、「対策指示機能」の3つの機能で構成されています。リリースされたAndroidアプリでは、災害が発生した場合に管理者から一斉送信された安否確認メールをプッシュ通知で知らせ、閲覧したり、返信することのほか、管理者側から出された質問やアンケートなどに回答すること、グループ内に設置された掲示板を通じて各種の指示を確認することなどができます。「安否確認サービス」(Google Playストア)Source : サイボウズスタートアップス



(juggly.cn)記事関連リンク
インドの大手オンライン小売店「Flipkart」が自社ブランドのスマートフォンを発売するという噂
2014年1月の国内スマートフォン出荷台数は約92万台(JEITA調査)
Androidのサウンド、壁紙、ブートアニメを簡単にXperia Z2のものに置き替えるFlashableなZIPファイルが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP