ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家族に優しくしたいすべての人へ 父と娘のヒューマンファンタジー映画『ソウルフラワートレイン』上映中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


大阪を舞台に不器用な父と娘の心温まるドラマを描いた映画『ソウル・フラワー・トレイン』が3月6日まで東京でリバイバル上映中だ。
原作はロビン西の同名マンガ。監督は西尾孔志(にしおひろし)。

大分で暮らす主人公の天本はちょっぴりドン臭い、素朴な田舎のオヤジである。
長らく顔を見ていない最愛の娘・ユキに会いにはるばる大阪の街へとやってくるが、到着早々カモられ、カモられたことにも気付かない。そんな天本を助けたのは、正体不明のヒーローのような金髪のおてんば娘・あかねだ。

強引なあかねに引っ張られ大阪の地を巡る天本は、ソース二度漬け禁止の串カツ(罰金100万円)、観光客を安々と騙すペテン師、そしてストリップ劇場でトップダンサーが魅せる“花電車”――など、見たことのないものばかりのちょっぴり刺激的な世界を体験する。
そして一日の最後にやっと再会した娘・ユキも、なんだかこれまでに見たことのない雰囲気を放っているのだった。娘がなにか隠しているのではないかと疑心暗鬼になる天本だが――。

この作品の中で描かれるのは、天本とユキとあかねの周りで起こるちょっと“痛い”現実的な出来事だけ。そのひとつひとつにはなんの奇跡も不思議もない。しかし、いくつもの現実が折り重なった最後に、ひとりの不器用なオヤジが出した答えによって、彼らを取り巻く“痛い”現実は魔法にかけられたかのようなあたたかさを持つ。

現実は何も変わらないけれど、これからは、自分の選択も・家族の選択も・他人の選択もすべて認めて愛おしく思える。そんな奇跡を起こすためには、特別な力なんて何もいらないのだ。映画『ソウルフラワートレイン』は前向きにそう思わせてくれる作品だ。
観たあとは家族に会いたくなるかもしれない。それも、いつもよりもちょっとだけ優しい気持ちで。

映画『ソウルフラワートレイン』は現在池袋シネマロサにて3月6日までレイトショー上映中。3月8日より神戸アートビレッジセンターでの上映も決まっている。詳しい情報は公式サイトにて。

公式サイト:http://www.soulflowertrain.com/
池袋シネマロサ:http://www.cinemarosa.net/[リンク]

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=9KkXTG15wLg



カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP