ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お部屋でゆらめく幻想的なオーロラ鑑賞! 『HOME AURORA(ホームオーロラ)』を一足先に体験してきた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


太陽活動が活発な2014年は、美しいオーロラが観測されやすいとされ、近頃オーロラの特集をよく見かけます。大空をゆらめく幻想的な光景は“一度は見てみたい光景”として、男女ともに人気が高いオーロラ。しか観測できるのは、アラスカやカナダ、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンなど日本から離れた寒い地域です。そして行けたとしても必ずオーロラが現れるわけでもない……。

『HOME AURORA(ホームオーロラ)』はそんな憧れのオーロラがお部屋で楽しめるアイテム! 3月の発売より一足先に、体験してきました!


『HOME AURORA(ホームオーロラ)』は累計70万台を売り上げた家庭用プラネタリウム『HOMESTAR(ホームスター)』シリーズのオーロラ版。でもホームスターシリーズにも、「ホームスターオーロラ」や「HOMESTAR AURORA ALASKA NIGHT SKY(ホームスター オーロラ アラスカナイトスカイ)」などオーロラを投影できるタイプもあったはず。今回の新商品はどこが違うのかというと、ずばりオーロラの表情が変わること!

以前のホームスターにあったオーロラ機能は、オーロラの色や形にあまり変化をつけることが出来ませんでした。今回の『ホームオーロラ』は、星の投影機能はないものの、オーロラの色やゆらめく形の変化を楽しむことが出来ます。

ドームの中で早速体験!


イベント時にホームスターの実演をするときに使用する真っ黒なエアードームは入るだけでワクワク。

スイッチを入れると、赤、緑、青の光のゆらめきが。筆者はオーロラをTVや写真でしか見たことがないので、思い描くオーロライメージとは少し異なります。一般的なオーロラは少し白みがかった緑ではないでしょうか? しかしオーロラには赤い色もあったりするので、これはアリなのかもしれない……などと考えていると色のパターンが次々と切り替わっていきます。


本体には、RGB(レッド・グリーン・ブルー)のライトが搭載されており、1カラーのみや、レッド&グリーンなど2カラーでの投影も可能。全部で8種類の投影パターンに切り替えることができます。

またオーロラというと、カーテン状の形をイメージする人も多いと思います。カーテン状の試作もしたそうですが、何か違ったとのこと。見る場所によっても異なる表情をみせるオーロラ。より動いている立体感、今まさに光が伸びてきて様々に変わる表情を出すために、『ホームオーロラ』では、特殊な形にくり抜いたプレートを組み合わせ、雄大なオーロラを再現しています。

筆者のオススメは、グリーン&ブルーの組み合わせカラー。ブルーの淡い光が、グリーンの光を追ってなんともふわっと幻想的な表情をみせるのです。レッドのみは、大人なバー空間に合いそう。

そして「ホームスター」と組み合わせて投影すれば、満天の星とオーロラの協演を楽しむことも!

これは本当に美しい癒し空間! 『ホームオーロラ』は3,500円(税抜)とそこまでお高いものではないので、ぜひ組み合わせて使用したい、と思いました。

約60分オートOFFなので、寝る前に投影して、オーロラで癒されながら眠りについても大丈夫。また、2mくらいの天井の高さで、3mくらいの範囲にオーロラが投影されるとのこと。ボタンは1つで操作も簡単。目の前に雄大なオーロラが広がります。発売日は3月27日(木)。


サンプル動画の最後には『H­OMESTAR』と組み合わせた投影の様子も。
動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=AESUiLlmRSw&feature=youtu.be[リンク]

筆者は中学生のときにアロマのお香を焚いて、天井に立ち昇る形の変わる煙を眺めるのが好きだったのですが、ふわっとゆらめき、形を変える不思議な淡い光は、あのときの感覚を少し思い起こさせました。
オーロラが新たな癒しツールになるかもしれません。

【HOME AURORA (ホームオーロラ) 】(全2色)
商品サイズ:幅101×高140×奥行184(mm)
光源:高輝度マルチカラーLED
最適投影距離:最大約2.0mまで
投影範囲:最大直径約3.0m(目安となります。円形に投影されるものではありません。)
タイマー機能:約60分オートOFF
素材:ABS
使用電池:単3アルカリ乾電池×3本(別売)
電池寿命:約25時間
発売予定日:3月27日(木曜日)
希望小売価格:3,500円(税抜)
販売流通:雑貨店、量販店、通販等

株式会社セガトイズ Webサイトhttp://www.segatoys.co.jp/

(C)SEGATOYS

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP