体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お部屋でゆらめく幻想的なオーロラ鑑賞! 『HOME AURORA(ホームオーロラ)』を一足先に体験してきた!

太陽活動が活発な2014年は、美しいオーロラが観測されやすいとされ、近頃オーロラの特集をよく見かけます。大空をゆらめく幻想的な光景は“一度は見てみたい光景”として、男女ともに人気が高いオーロラ。しか観測できるのは、アラスカやカナダ、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンなど日本から離れた寒い地域です。そして行けたとしても必ずオーロラが現れるわけでもない……。

『HOME AURORA(ホームオーロラ)』はそんな憧れのオーロラがお部屋で楽しめるアイテム! 3月の発売より一足先に、体験してきました!

『HOME AURORA(ホームオーロラ)』は累計70万台を売り上げた家庭用プラネタリウム『HOMESTAR(ホームスター)』シリーズのオーロラ版。でもホームスターシリーズにも、「ホームスターオーロラ」や「HOMESTAR AURORA ALASKA NIGHT SKY(ホームスター オーロラ アラスカナイトスカイ)」などオーロラを投影できるタイプもあったはず。今回の新商品はどこが違うのかというと、ずばりオーロラの表情が変わること!

以前のホームスターにあったオーロラ機能は、オーロラの色や形にあまり変化をつけることが出来ませんでした。今回の『ホームオーロラ』は、星の投影機能はないものの、オーロラの色やゆらめく形の変化を楽しむことが出来ます。

ドームの中で早速体験!

イベント時にホームスターの実演をするときに使用する真っ黒なエアードームは入るだけでワクワク。

スイッチを入れると、赤、緑、青の光のゆらめきが。筆者はオーロラをTVや写真でしか見たことがないので、思い描くオーロライメージとは少し異なります。一般的なオーロラは少し白みがかった緑ではないでしょうか? しかしオーロラには赤い色もあったりするので、これはアリなのかもしれない……などと考えていると色のパターンが次々と切り替わっていきます。

本体には、RGB(レッド・グリーン・ブルー)のライトが搭載されており、1カラーのみや、レッド&グリーンなど2カラーでの投影も可能。全部で8種類の投影パターンに切り替えることができます。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会