体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スイーツの名画・彫刻に晩餐会! クリームたっぷり夢の世界 渡辺おさむ『Sweets Sentiment』展開催中

身の回りにあるさまざまなものに、デコレーションを施す「フェイク・クリーム・アート」の第一人者 渡辺おさむさん。現代アート界のスイーツ王子としてマスコミをはじめ様々なジャンルで注目を集めている気鋭のアーティストです。多くの女性を魅了するメルヘンチックなスイーツ作品には、新しい感性とアイデアがあふれ、クリームの表現方法によるモチーフと装飾の関係を問う新たな美術のあり方が示されています。

最近は地方での個展が多かったという渡辺おさむさんですが、現在、都内初となる大型個展『Sweets Sentiment』展を銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催中。

一歩足を踏み込むと、そこはもう夢の空間。チョコレート、マカロン、クッキー、生クリームやイチゴ、メロンなど、美味しそうなスイーツで彩られたユーモアと可愛らしさあふれる作品が並びます。

筆者は渡辺おさむさんの作品というと動物の作品のイメージが強かったのですが、今回は名画や彫刻、建築物などを模した作品や、インテリアなどまで装飾された“渡辺おさむワールド”を体験できます。

ケーキのキャンドルスタンドやスイーツのお皿が並ぶ晩餐会。こんな晩餐会に列席したいものです。

様々なデコラティブな建築物の中には、日本のお城も。クリームでメルヘンチックになった和風のお城が新しいイメージ。

こちらはスイーツの地図!? ぜひ日本を見つけてみてください。

名画もポップでクリーミーに!

クリームが額まで溢れ出す遊び心が楽しい。そして額縁まで美味しそう!

ユニコーンというだけでメルヘンなのに、スイーツでクリーミーなユニコーンだなんて乙女心を打ち抜く作品!

しかもユニコーンの中に“ユニコーン型アイシングクッキー”を発見。いろいろなパーツを発見する楽しさも味わえます。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。