ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ViewSonic、Bay Trail-Mを搭載したAndroid / Windows 8デュアルブートタブレット「ViewPad 10i」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のPC/液晶メーカー ViewSonicが中国でAndroidとWindows 8のデュアルブートタブレット「ViewPad 10i」を発売しました。ViewPad 10iはタブレット端末にしては珍しくIntel Celeron N2910(Bay Trail-M)1.6GHzクアッドコアプロセッサを搭載した10.1インチタブレットです。Android 4.2.2(Jelly Bean)とWindows 8のデュアルブートに対応しています(Windows 8は自身でインストールする必要があります)。ディスプレイは10.1インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶、メモリは2GB RAMと64GB SSD(Micro SDカード対応)を搭載。カメラは前後に200万画素を搭載しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。Mini HDMI出力端子やUSB 3.0端子も搭載しています。バッテリー容量は7,000mAh。筐体サイズは258.6 x 173.3 x 9.9mm、質量は650g。ViewPad 10iは中国のJD.comを通じて2,499元(約41,000円)で販売されています。Source : JD.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Android向けVPNアプリ「Hotspot Shield VPN」がKindle Fireタブレットに対応
HTC M8はNano SIMを採用?カラバリ5色が一斉に発売との噂
Koush氏がChromecastをワイヤレスディスプレイアダプタとしても機能させる新アプリの動作映像を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP