体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラシック映画の名作って本当に面白いんだろうか?(2)

クラシック映画の名作って本当に面白いんだろうか?(2)

映画百年の歴史は、さまざま技術を開拓していきました。撮影、録音、照明、編集機材のテクノロジー的進歩はもちろんのことジャンプカット、カットバック、カットズーム、フラッシュバック、フラッシュフォーワードなどの編集テクニック。エッジをたたせる、陰影を作る照明テクニック。ピンおくり、ヴァーティゴ(めまいショット)などの撮影テクニック。
こういった技術は技術者の知恵とテクニックで実行可能なものもある一方で撮影機材の性能に依存するものも多く、今日の映画で刺激的な映像を楽しめるのはテクノロジーの進歩と不可分と言えます。
90年代以降はCG技術の進歩も目覚ましく、その夜明けとなった『ターミネーター2』(1991)『ジュラシック・パーク』(1993)から『タイタニック』(1997)『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』(1999)『マトリックス』(1999)を経て『アバター』(2009)を通過し、『ゼロ・グラビティ』(2013)で更なる境地にまで到達しています。
その一方、技術レベルと分離したところで発展を遂げてきたものもあります。脚本です。


以前の記事で、「カット割りの参考にする際に古い映画は見ない」と私は書きましたが、脚本の参考に何か見る場合も、やはり古い映画あまり見ません。(小説とか戯曲なら読みますけど)
なぜなら、現代の映画の脚本のほうが洗練されていると思うからです。


今回は、私がクラシック映画を素直に楽しめない理由を脚本という観点から綴ってみようと思います。
(注意・この記事は主に1960年ごろまでの映画をクラシック映画として扱っています。クラシック映画の定義付けはハッキリしないので、ここではクラシック映画独特の特徴が濃厚だと思う1960年ごろまでの映画を「クラシック映画」と独断と偏見で定義させてもらいました。)

■『駅馬車』の影響力

紙と鉛筆さえあれば、あるいはPC1台とワード編集ソフトさえあれば書けてしまう脚本は映像史上における知恵の結晶で、今日に至るまで大きな進歩を遂げてきました。
シナリオ講座なんかに行くと、「古い映画を見ろ」と『駅馬車』(1939)なんかをお手本として引き合いに出されます。
でも、ちょっと待てよ、と。

『駅馬車』って本当に面白いですかね?

 

『駅馬車』の脚本は確かに、面白い物語の要素を数多く備えています。
各キャラクターを描き分けた群像劇であり、人々が乗った馬車が事件に巻き込まれていくサスペンスであり、偶然馬車に乗り合わせた人々が運命共同体になっていくドラマでもあります。
実際、日本映画の金字塔『七人の侍』(1954)は本作から多大な影響を受けており、『七人の侍』を経由して今日においても数多くの映画が影響を受けています。
ですが、さらに言うなら、「物語の原型はすでに聖書とシェイクスピアで出尽くしている」と、文学研究の世界では言われています。(筆者は大学院まで英文学専攻でした)
ここで、聞きたいのですが、あなたは「聖書を読むのと『駅馬車』を見るか、どっちか選べ」と言われたら、どっちを選びますか?


聖書は多くの文学のお手本であり、旧約聖書はキリスト教徒とユダヤ教徒にとっての聖典で、高尚な文章表現自体、文学研究の世界でテクストとして扱われるぐらいによく練られています。
でも、それと面白いかどうかは別問題です。面白い脚本を書く、というのは優れた文学作品を残すことと同義ではありません。脚本とはかいつまんでいうと、「面白い映画の設計書を書く」ということです。
聖書は文章表現による神聖さや高尚さという点では歴史上類例を見ないぐらい優れていますが、人を楽しませたり感動させるために書かれたわけではありません。
ゆえに、観客を第一においた映画のシナリオのほうが面白いに決まっているのです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。