ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleのNexusシリーズは2015年をもって終了し、Google Play Editionがその代りになるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのNexusシリーズの新機種投入が2015年をもって終了するというショッキングな噂がTwitterで伝えられています。噂の発信元はロシアのブロガー Eldar Murtazin氏(@eldarmurtazin)。彼のツイートによると、Nexusシリーズは2015年をもって終了し、昨年夏から販売されている「Google Play Edition」がNexusの座に就くというのです。その時に(Google Play Editionの)ブランド名も変更されると言われています。今回の情報は未確認の非公式情報なので、本当に終了するのかどうかはまだ不明です。仮に現時点でそのような方針であったとしても、約2年後には変更されていることもあり得ます。Nexusシリーズは当初、それと同時に発表されたAndroid新バージョンのリファレンスデバイスで、主にアプリ開発者やROM開発者のための開発マシンという位置づけで販売されていました。しかし、Nexus 7~Nexus 4の登場時期から、Nexusは単なるGoogle製スマートフォンの色が強くなっており、その後の2013年にはメーカー端末をNexus仕様化した「Google Play Edition」なるものが発売されるなど、Nexusシリーズの存在意義は見失われていっています。外装を含めた仕様がGoogle独自という点は発売当初から一貫しているので、端末の選択肢としての存在価値は十分あると思います。

 Source : Twitter



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5レッドバージョンの製品箱と実物の写真が流出
HTCの次期フラッグシップ‟M8”はオンスクリーンボタンを採用か?
英CloveがXperia E1の予約受付を開始、暫定価格は£112.49(約19,100円)+VAT

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP