体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ペットにも119番を!」 動物病院検索アプリ『アニマルホスピタルnavi』代表インタビュー

「ペットにも119番を!」 動物病院検索アプリ『アニマルホスピタルnavi』代表インタビュー

病気、骨折、誤飲……言葉がしゃべれない分、飼い主が気づいた時にはすでに深刻な状態になっていることの多いペットの体調不良。人間ならば24時間いつでも119番で救急車を呼ぶことが出来るが、ペットではそうもいかない。せめてスピーディーに、ベストな条件で受け入れてくれる動物病院を見つけたいというのがすべての飼い主の望みだろう。
そこに朗報! 日本初の動物病院検索アプリ『動物病院検索 アニマルホスピタルnavi~ペット119』がリリースされた。

・『iphone』版 https://itunes.apple.com/jp/app/id731295249?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
[リンク]

・『Android』版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.richessenet.animal119 [リンク]

これさえあれば煩雑な操作をすることなく、パソコン、スマホ、ガラケーからも2~3ステップほどで「クレジット対応」「深夜対応」「駐車場の有無」「犬、猫以外の動物への対応」など条件のあう動物病院が検索でき、しかも現地までのナビゲーションも受けられる。

このアプリを開発した株式会社リシェスネットの代表、稲岡祥寛さんにお話をうかがった。

アプリを開発する悲しいきっかけ

「ペットにも119番を!」 動物病院検索アプリ『アニマルホスピタルnavi』代表インタビュー

――『動物病院検索 アニマルホスピタルnavi~ペット119』はどんなきっかけで開発されたのでしょうか?

稲岡祥寛さん(以下稲岡):あるとき、友人の飼っている犬が深夜に骨折してしまったんです。僕が緊急に受け入れてくれる動物病院探しを頼まれたんですが、インターネット上の情報量が少なすぎて条件にあうところを見つけることが出来なかった。結局、朝に動物病院が開くのを待ってから治療を受けることになったんですが、処置が遅くなったせいか障害が残ってしまったんです。責任を感じました。そして「なぜ、こんなインターネット全盛の時代に動物病院を探しきれなかったんだろう」という疑問が「こんな悲劇が繰り返されないよう、自分が便利な検索ツールを作ろう」という発想につながったんです。若者からシニアまで幅広いユーザーにとっての利便性を追求したら、アプリという形が一番自然でした。

――既存の検索サイトなどは無かったのでしょうか?

稲岡:あることはあるんですがインターフェイスが古く、手間がかかるわりに住所、電話番号などごく基本的な情報しかわからないんです。掲載件数も少ない。ヒマな時ならともかく、緊急時に役立つしろものではないと感じました。飲食や美容のお店を探すなら『ぐるなび』や『ホットペッパー』などユーザーのニーズを反映した、相当に便利なサイトがありますよね。ところが、ペット、動物病院の業界ではそういうシステムづくりが相当に遅れているんです。

待ち構えていた数々のハードル

――けっして小さな業界ではないのに不思議ですね。

稲岡:これはアプリ開発を始めてからわかったことなのですが、法的な規制、業界の体質、実務面、さまざまなハードルがありました。

――具体的にどのようなハードルがあったのでしょうか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会